巡り合わせが悪すぎる車買い替え

赤いチューリップ
チューリップ

3月23日(月)にスバルのディーラーでスバル XV(ハイブリッド)の購入を決めました。

買い替えとしては、真に中途半端な時期ではあるのですが、10年目の車検をとって後2年乗ってもEV市場の状況は大きく変わらないと判断し、それなら下取りがそれなりに高い時に、安全性能が高い車に買い替えようと思った次第です。

5・6年経ちますとスバルのハイブリッドの中古車価格は“0”に近くなる可能性がありますので、11年乗ることになるかもしれませんね。

スバルにした理由は、アイサイトの安全性が高く評価されているからです。
XVにした理由は、SUVに一度は乗ってみたかったことと、車両の幅と長さが今の車と殆ど変わらないからです…今以上に大きい車の取り扱いは面倒臭いですね。

勿論、トヨタの売れ筋のC-HR、ホンダのヴェゼルとマツダのCX-3も検討しました。
ホンダとマツダは安全性能でスバルの後塵を拝し、トヨタ・ディーラーの営業員は、面白いことに、C-HRはデザインだけだ、そして、後方視界が良くないと言ってましたので、何れも試乗するまでもなく結論がでたという次第です(^-^;

XVの試乗は一度やってますので、買いを決める時にはしませんでした。
【ご参考】スバルXV e-Boxer試乗の感想

薄い水色のスバル XV Advance
スバル XV Advance

リチウムイオン・バッテリーの保証期間は5年です。
スバル・ディーラーの営業員は、プリウスのバッテリーと比べて長持ちするようなことを言ってましたが、まあ、余り信じない方が良さそうなお話しでした(^-^;

登録車の納入は1.5~2か月後ということで、そこまでは予定通りだったのですが…

新型コロナウイルス問題の影響で、スバルも4月11日から連休明けまで操業を停止するとのニュースが流れたのです。(その後、9日からに前倒しした)
2日後にスバルの公式サイトを覗きましたが、それらしき通知の掲載は一切ありません。

そこで、ディーラーの担当者に電話して確かめたのですが、報道された通りで、現段階では納入時期は不明とのことでした。

現在、車がないわけではありませんので、待つことには問題ないのですが、万が一、車検期限を超えてまで待つ必要がでた場合にはどうするのかとの問いには、現在、スバル本体の方で対応策を検討しているので、結果が出るまで待って欲しいとのことでしたね。

2011年に現在使っている車を買った時も巨大地震の影響が残っていて、Panasonicのカーナビが間に合わず、車登録から1か月程待たされました(>_<)

今回は地震ではありませんが、新型コロナウイルス問題で車製造どころではありません。

どうも、巡り合わせが悪すぎますね。

巡り合わせが悪すぎる車買い替え” への2件のフィードバック

追加

  1. こんばんは
    車の事も良く分りませんが^^;
    こんな時期ですから会社も休むんですね
    今回コロナで前回は地震で・・・・
    確かについてませんね^^;

    いいね

  2. Makoさん
    makoさんが計画なさった旅行が流れてしまうのと似てますかね(^-^;
    車製造工場の休業は、自主規制というよりは、中国からの部品が入らなくなったのが主な原因でしたが、中国の企業活動が回復しつつある状況でも、こんどは日本の自主規制によって稼働しないんでしょうね。
    10年ぐらいの感覚で、日本では天変地異のようなことが起こってます…今度は、真打登場の関東大震災でしょうか…冗談ですよ!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。