環境の大きな変化に花も適応します

花開いたチューリップと水仙の花壇
花開いたチューリップと水仙の花壇
大きく花開いたチューリップ
大きく花開いたチューリップ

上の写真は、最高気温が25℃近かった28日に大きく花開いたチューリップです。

それが、29日には季節外れの降雪にビックリしたようで、物の見事に花を閉じてしまいました。

花を閉じた花壇のチューリップ
花を閉じた花壇のチューリップ
しっかりと花を閉じたチューリップ
しっかりと花を閉じたチューリップ

最高気温15℃と予想される今日も、チューリップはしっかりと花を閉じています。

環境の変化に対して、このように適応する花は珍しくはないのかもしれませんが、見慣れている筈のチューリップもそうだったとは気付きませんでしたね…いや、昔々には気付いていて、それを忘れてしまっていたというのが正しいのかもしれません(^-^;

花は植物の生殖器官なんだそうですね。
確かに、言われてみますと、機能的に、なるほどねと思わされてしまいます。

その生殖器官を、チューリップは環境の変化に適応することによって、種の保存のために、必死に守っていると言えますでしょうね。

環境の大きな変化に花も適応します” への2件のフィードバック

追加

  1. パステルカラーのチューリップ
    気温で開いたり閉じたり・・・・私は変わりなく咲いてるかなと・・・
    そうよね、花に寄って気温と言うか☂の時は閉じてる花は有りますね
    結局は、雨の日は気温が低いということですよね

    いいね

  2. Makoさん
    “パステルカラー”かあ、そうなんですよね…郷愁を感じさせてしまうような、このような表現が直ぐに出てこないのが、ちょっと腹立たしいですね。
    人って、良い悪いではなく、興味の対象外には酷く冷たいことって珍しくありませんよね。
    人は、寒くなれば暖かい衣服を着たり暖房をつけたりしますが、それ以外の生物は環境の変化に適応するために、自身に備わった機能を働かせるのですね…自然界は上手くできていますが、想定される範囲を超えた変化(オーバーシュート)が起きると絶滅する種がでたりします。
    そのような変化が人間の手で行われないようにするのが環境保護運動なんでしょうね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。