箇条書き問題も問題ではないと言うだけ(-“-)

WordPressのロゴ

4,500円を支払って買ったテーマPhoto Blogには、 私にとっては考えられない問題がありました。

それは、箇条書き内で文が折り返された時に、その折り返された分がインデントされないのです。
以下のようにです。

箇条書き内のインデント問題

ご覧のように、各項目内の2行目や3行目、つまり、1行目以外はインデントされません。
少なくとも正式な書面では、こんな箇条書きを見たことがありません。

そこで、WordPress.comのサポート・チャットをやってみました…今回が3度目ですが…

こちらで問題が出ている投稿のリンクを流し、チョット待って下さいという返事に、暫く待ってますと、次のような画面が送られてきました。

修正された箇条書きの画面

「おっ、直ってるじゃないか…どうやったの?」

「CSSで修正できます。教えますから、それを追加して下さいね…おっと、あなたはのプラン、パーソナルではCSSを使えませんでしたね…なんか方法があるか考えてみますから、ちょっと待ってね」

「ありがとう!」

。。。。。。。。。。。。。

「残念ながら、他の方法はありませんね。変更するためには、プランのアップグレードが必要ですね」

「やっぱりね…でも、箇条書きは極一般的な機能なので、テーマの作者に依頼したら、テーマ自体を修正して箇条書きの問題を解決してくれますかね」

「あなたの言う箇条書きの問題は、問題ではないのです。テーマの各作成者は独自のデフォルト設定(既存設定)を行っています。このテーマの箇条書きのデフォルト設定がそうなっているだけで、問題という捉え方はできません。ですから、テーマの使用者は、自分の好みに合わせてカスタマイズするのです。」

「そうなんですか…あなたの貴重な時間をバカな質問に使わせてしまって済みませんでしたね」

「バカな質問なんてありませんよ。どんな質問でもウエルカムです」

「あなたはスマートですね。私もその言葉は知ってますよ…
There is no stupid question, but damned answer.

「スマートなんて言われて嬉しいですね。良い一日を過ごしてね」

「ありがとう…でも、私は寝るところです」

「あっ、そうでしたね…時差を忘れてました。お休みなさい」

私の英語力の問題で、皮肉が全然通じてませんでした…いや、軽くいなされたのかな(-_-;)

要するに、修正は簡単にできますが、お金が必要ですよという結論です。

WordPress.comの販売戦略は、な~んかマイクロソフトのかつての戦略に似てきているような気がします(-“-)
マイクロソフトの戦略には乗らずに来れたのですが、WordPress.comには、やられっぱなしですね(>_<)

まあ、出来るだけ箇条書きは使わないように心掛けます(^-^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。