自分にとって大事な人とは?

グラジオラス

自分にとって大事な人は誰なんだろうとお考えになったりしませんでしょうか…
私は、そういうことを余り考えることはありませんが(^-^;

そりゃあ~、人である以上、何方でも大事な存在ですよ…そうではないとは正面切って言えないでしょうね。

でも、万人を愛することが出来ないように、全ての人を大事な存在として扱うことは不可能です。

それは、単純な理由です。

万人なんて、個々の存在として意識できませんから、愛しようがないではありませんか。
抽象的に、人類を愛す、なんていう表現なら、分からないでもありませんが…

同様に、個(人)としての存在を意識できない人を大事にするなんて…存在すら知らない人をどうやって大事にすることができましょう…まあ、異論がおありになるような気もしないではありませんがね(^-^;

個人個人が特定の人を大事に思う、その理由と背景には多様性がありますでしょう。
つまり、人それぞれということですね。

お話は変わりますが、私が片田舎から東京に出てきて住み始めた時に、苦労したことが色々とあった筈ですが、具体的に記憶に残っておりますのは、一つだけです。

それは、道を歩いている時や電車に乗っている時の自意識過剰からくる赤面です…実際にどの程度顔が赤らんだかは覚えておりませんが…

田舎ですと、
道を歩いていても人と出会うことは頻繁にはありません…バスや電車に乗ることは、一年間でも数える程度です。
ですから、自意識過剰になる場面は少なかったのです。

ところが、東京では、
外に出ますと、道を歩いていても、電車に乗っても、自意識過剰になる場面だらけです。
私の存在など誰も気に留めていないと自分に言い聞かせてもダメでしたね…私自身が周囲の人々の存在を意識し過ぎてしまうのです。

私が周囲の人々に対して意識過剰にならなくなり始めましたのは、東京で生活を始めてから半年過ぎた頃からでしょうか…そして、周囲の人々の存在すら意識から消えさってゆくのでした…精々、そこにある存在にぶつからないように意識する程度ですね。
正に、意識上では、その存在は自分にとって意味をなさないという状態です。

そのような経験を踏まえて思いますに、自分にとって大事な人とは、自分がイイ意味で意識する人となるのでしょうが、私は、それ以上に、、良い意味で自分を意識してくれる人が大事ではないかと思います…まあ、気付かないこともありますから問題ですが…

そんなことは当たり前だろうと仰られますと、まあ、そうですよねと同意せざるを得ません(^-^;

4 Replies to “自分にとって大事な人とは?”

  1. トップの花はなんでしようね
    グラジオラス。カンナ?とても綺麗、綺麗な人?はアップに耐えられるから良いわねぇ~

    タイトルが「自分にとって大事な人とは」ですが
    単純で天邪鬼じゃない私は「家族」と答えます(笑っていそうね)
    夫・息子・娘・・・・・・婿は、娘の大事な人?
    でも、仕方ない娘のだから婿も少し離れた所に入れましよ
    次は、私の身内(姉妹ね、もう、夫も私も両親はなく)
    次は友かな
    >自分がイイ意味で意識する人
    >良い意味で自分を意識してくれる人が大事ではないかと思います
    数少ない友の中に私も意識と言うより、思うかな
    ふとした時に友を思っているとメールが届いたりすると
    「あら、以心伝心・・・私も📩しなきゃと思っていたのよ!」なんて有りますよね

    田舎だと、たまに会う方が知り合いだったりするから赤面(テレ)も有りそうですが
    大都会だと誰も知らない方ばかり・・・
    >私の存在など誰も気に留めていないと自分に言い聞かせてもダメでしたね
    そうでしたか、自意識過剰
    何か今のシンプルさんからは・・・・・

    私なんか娘によく言われます「誰もお母さんの事なんて見てないから」って
    確かに!!!

    いいね

  2. Makoさん
    makoさんは私をからかってくれるので、すご~く面白いです(^^♪

    カンナなんて知りませんので、調べましたよ…掲載した写真の花は、間違いなくグラジオラスですね。
    チョット艶やかでしょう…たまたまそう写っただけですけどね。
    「綺麗な人?はアップに耐えられるから良いわねぇ~」とはご自分のことを仰っておられるのでしょうね…そうでなければ、応えようがありません(^-^;

    makoさんは、私が言いたかったことをぜ~ん部具体的に解説して下さいましたね(^-^)…私の立場がないかも…(-_-;)

    愛には色んな愛がありますが、なんだかんだ言いましても、肉親・家族愛が基本ですよね…と思っています。
    生を受けてから…いや、お腹にいる時から、愛情が末永く注がれてゆくわけですが、子供の時代は、その絶え間なく注がれる愛情を愛情と意識することもなく、あるいは、ただうるさいと感じながら過ごしてしまうような気もします…大人になってからも、愛情を注いでくれる人が周囲から出てくるのでしょうが、自分の意識が向く方だけ気にして、意識が向かないは方は気に掛けない…まあ、そんな訳の分らんこと思い付いて書いてみただけです。

    私の性格的な自意識過剰は、子供時代のアレルギーが大人になって出なくなる(鈍感になる)ように、希薄になりましたね。
    代りに、図々しさが表に出てきましたね(^-^;

    お嬢さんに言われる件ですが、昔、夜中にタクシーに乗って帰宅する際に、年配のタクシー運転手が話してくれたことを思い出しました。
    彼は、女は何歳になっても女なんだよねぇ~と言うのです…それから彼が滔々と話してくれた内容は、何のことはない、仲睦まじい彼ら夫婦のお惚気のようなものでした…でも、妙に記憶に残っているんですよね(^-^;

    いいね

  3. こんばんは
    からかってなんていませんよ~~
    私がからかわれているのでは?
    綺麗な人・綺麗と言う言葉には縁がないです!!
    だから綺麗な花が好きなのかな?花に綺麗を求める?
    そうね、親が煩かった(母親)のは愛情だったのかな?
    親になって気づく事も多かったですね

    いいね

  4. Makoさん
    感心する程にお元気そうですね(^-^)
    勿論、私はからかってなんかいません…ただ、私の場合は、真面目になると嫌われる傾向にありますので、出来るだけ軽やかにお話ししようとしているだけですね(^^♪

    拝見させて頂いたこともない方に、キレイとか、そうじゃないとかに言及することは、ヒジョウ~に難しくて気を使います…
    ただ、言えますことは、女性のどんな方でも、男の目から見ますと、可愛らしさを感じさせるところがあることです…本当ですよ!

    そうですよね…親になって、自分の親がしてくれたことと同じことを自分の子供にしていることに何回も気づかされます…まあ、うるさがられますけどね(^-^;

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。