上海高島屋が閉店します

上海高島屋の内部

閉店は毎日しますが、今回の上海高島屋のお知らせは、翌日に開店することのない閉店です。
8月25日までは営業を続けるそうです。

屋外の広場では祭りなどのイベントが催されたりして、一つの特色ある雰囲気の場を提供しておりますので、なくなると淋しさを感じてしまうでしょうねぇ~…

【ご参考】 上海高島屋―夏日祭‘18

表玄関のガラス戸に貼られた上海高島屋f終営業終了のお知らせ
営業終了のお知らせの日本語版

お知らせの中に、色々と社内弁明のような閉店理由が書かれておりますが、要するに、買物客が来な過ぎたということですね。

地下街にあるスーパー

地下街は、スーパーがあり、惣菜店、ステーキ店、手頃な値段の和食店やカレー屋、ラーメン屋、洋菓子店などや薬局、お茶屋、そして特売店などなどの様々なお店が軒を並べ、パンのドンクもあり、ある程度の賑わいを感じさせております…便利な地下街といった感じです。

しかし、デパート本体の各階は人が疎らで、これではやってゆけないだろうなあ~という印象を受けておりました。
上海のローカルの百貨店とは格が違うような雰囲気を醸し出してはいるのですが…デパートにしては品数が少なすぎましたね。

直ぐ傍に、大きなオフィスビルも出来ましたので、客足は減らないとは思うのですが…地下街はどうなるんでしょうねぇ…お店の人に聞いても、今は分からないと言うだけでした。

7 Replies to “上海高島屋が閉店します”

  1. はじめまして。3年前に初めて上海に行って圧倒され、また行きたいな~と思ってたところです。前回はツアーだったので、買い物も自由にならず、次はフリーで行こうかと思ってたのですが、閉店なんですね。人口が多くて景気がいいように感じましたが、日系はだめだったということなんですかね…”(-“”-)”

    いいね

  2. tabisurueiyoushiさん
    コメントを頂きありがとうございます。
    上海で買物と言われますと、ちょっとイメージできませんが、う~ん、なんか中国的な物はありますね…お茶とか…
    9年近く上海に住んでますが、なんでもかんでも高いという先入観が出来上がってしまい、買物を楽しむというイメージが出来なくなっています(-_-;)

    上海高島屋の撤退は、単に、やる気がなかっただけだと思ってます。
    地域としては、裕福な人々が住んでいる所ですので、環境は悪くはないと思いますが、上海高島屋はアンテナショップに毛の生えたような内容ですので、如何に日本のデパートのように高級な雰囲気を作り出しても、他の高級店と比べて、品ぞろえに見劣りがしますので、固定客は増えなかったでしょうね。

    何れにしましても、日本人が買物をするところではありません(^-^;

    いいね: 1人

  3. そうだったんですね~。お茶とか生薬とか、乾物とかを買いたいのですが、デパートだったら安心かな?みたいな…(^^ゞ 場所はよく分からないのですが、デパートがたくさんあるエリアとかがあって(バスから眺めてました)そういったところだったら、買えるかな?みたいに思いましたが、そうでもないんですね…”(-“”-)”

    いいね

  4. tabisurueiyoushiさん
    大きな地下鉄駅の比較的近くには大きなショッピングモールがありますので、そのような店はその中にありますね。
    百貨店では、「百盛」が有名ですね。
    大きな日系では、「そごう」が外灘につながる南京東路(上海の銀座とも言われます)にあります。

    中国では、偽物が社会的地位を得ているとさえ言えますので、購入者たちは偽物と分かった上で買っているケースが多そうですね。
    値段の相場をチェックしてからショッピングに行きますと、偽物はかなり安い場合が多いですので、偽物と知らずに買ってしまうことを避けられます。

    観光地にある怪しげな店に行きますと、高い値段で偽物をつかまされる可能性がありますが、大きなショッピングモールでしたら、そのような店はないと思います。

    但し、ネットショッピングは要注意です。
    一番大きなタオバオ(淘宝网)の85%は偽物だとさえ言われています。
    それでも売れているということは、偽物でも、安くて使える(ある程度は)ということなのだと思います。

    いいね: 1人

  5. 百盛、そごう、南京東路、覚えておきます。ありがとうございます(^^)/
    値段の相場をチェックしてから行くことにします。

    観光地…そういえば、前回、旅行会社に連れていってもらったお茶屋さんで買ったのですが、豫園商城と比較すると高かったですが、信頼…って感じで(^^; 豫園商城は観光地ですよね?

    偽物…そんなに多いんですね(>_<) 知らずに高い値段でつかまされたら、それこそ泣きます。でも、納得で買ってる人も多いんですね。勉強になります。

    いいね

  6. tabisurueiyoushiさん
    豫園は、多分、上海を訪れた方々の殆どが足を運ぶ観光地ですね…私は好きでもないのに、4回ぐらい行ってます(-_-;)
    どこの国でも、観光地の商品の値段は高目のようですね。

    中国人たちに買物で注意されたことの一つは、外国人だと分かると、売り手は値段を吊り上げるということでした。
    そこで、彼らに価格交渉をしてもらったことがありますが、若い人たちは中国人でも交渉力が弱く、結局、私が強力にネゴして安値を獲得したこともあります(^-^;

    まあ、怪しげではない店で買いますと、偽物に出くわす可能性は低いでしょうね。

    昔、学生時代に義兄からもらったカルチェのライターをデパートの売り場にある修理窓口に持って行き、これは貰い物ですが本物でしょうかと聞いたことがあります。
    その修理の方は、そのライターを見ながら、貰い物でしたら、本物と信じてお使いになるのが良いのではないですかと言ってくれたのですが…まあ、つまり、偽物だということだったのでしょう。

    素人目には判別できない程に良く出来た偽物もありますので、信じれば救われるというような感覚に囚われることもあります。

    すみませんね…支離滅裂なことを書いてしまう癖が抜けなくて困ってます(^-^;

    いいね: 1人

  7. やはり、価格交渉ですか…。しかし、外国人だと分かるとふっかけられるにもかかわらず、中国人よりも安値にできるとは(^^)/ さすがです(^.^)

    カルチェのライターの話、凄いですね。本物そっくりのもあるっていいますからね。返還前の香港に行った時、JTBのツアーでしたが、偽物のお店に連れていかれました。買わずに見ただけですが、素人目は本物に見えました。プラダはブランドタグがついてなくて、日本に入国してから自分で貼って、との店員さんの言葉には思わず笑っしまいました(^^;

    全然、支離滅裂じゃないですよ~(^.^) 面白いお話で楽しいです(*^^)v

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。