華為(Huawei)⇔FedEx問題に関連して…

FedEx問題(日本から中国へ送る予定の華為の書類をFedExが米国に運んだ)は、先日の金曜日から中国では騒がれてますが、書く気にはなりませんでした…日本と米国のニュースをチェックするのも億劫で、洗濯と掃除などの家事をやらなければなりませんので(-_-;)

それでも、妊娠中の中国人の友人…父親と亭主が共産党員…から、インドから中国へのHuawei(華為)の荷物(書類ではないらしい)がFedExによって米国に運ばれたので、Huaweiは訴訟を起こすことにしたとうメッセージが入り、ちょっと、チャットしまたら、不思議だなあ~と違和感に襲われまして、書いておこうと思ったという次第です。

彼女とはWeChat(微信)で、時々、チャットします。
まあ、他愛もない話が殆どですが、話がドンドン広がってゆき、やばいと感じることもあります。
その場合は、途中で、「この話はこれでオシマイ!」と私の方が切ってしまいます(^-^;

中国政府の反応が気になりましたので、彼女に確認しましたら、その反応は表面化していないとのことです…これが違和感ですね。

普通なら、事態がハッキリするまでFedExは使用しないという、少なくとも、民間の動きが現れ…そして、政府は関与していないと発表するケースが多いですよね。

中国は米国に思う以上に押されているんでしょうかね…
最近のニュースによりますと、中国はレアアースの輸出制限を言い始めているそうですが、まあ、過去にもやりましたので、今でも効果があるのかなあ~と思います…また、レアアースの輸出制限は、中国自身にも跳ね返ってきますので、結果的に自分で自分の首を絞めるということにもなりかねません。

うだらうだら考えても、結論は、良く分かりませんということです。
まあ、専門家と称される人たちや記者(ジャーナリストではない)たちが、それなりのことを発信なさるのでしょうから、それらの情報を集めて、ご自分で推量するしかありませんね。

ところで、他の中国人の友人に、FedEx問題を知ってるか?と聞きましたら、なんだそれは?と言われてしまいました(^-^;

PS.
Huawei問題は、表面化していないのかもしれませんが、ビジネス現場では大問題になっています…特に、国際競争力があると言われる企業の関係者たちは頭を抱えて、どうするか検討中ですが、そんなこと分らんと開き直っている責任者も少なくなさそうですね(^-^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください