最近の中国人は日本を見下している!?

アイキャッチ画像は、3月8日に偕楽園で撮った写真です。
カラスの行水(?)…一羽のカラスが小川で水浴びをし、もう一羽は道で見張り番をしているかのようです。
ところで、「カラスの行水」は「夏」の季語なんですね。

面談

昨日、国際競争力に秀でた会社の総経理とお話させて頂きました。
中国ではスマホ業界などで大きく業績を伸ばし、車のEV化による将来の市場拡大を期待している会社です。

対応速度

ビジネスにおける対応と決断では、中国の会社は速く、日本の会社は遅すぎるということは何年も前から一般的に認識されておりますが、彼も、この件で中国人に日本の会社が馬鹿にされていることを懸念しておられました。

変化の速い業界にいる彼の会社でも遅いそうですので、対応速度と国際競争力は、あるいは、比例しないのかもしれませんね…う~ん、比例しそうな気もするのですが…

例えば、Foxconn(フォックスコン)は、携帯電話とスマホ業界へのOEMとEMS供給で飛躍的に大きな地位を築きましたが、その成功の背景には、精度の高い金型製造期間の大幅な短縮をフォックスコンが実現したということがあると言われております。
変化の速い業界への対応速度を大幅に改善することによる成功と言えそうです。

それとは異なり、対応速度を上げて問題を起こす場合もあります。
色々な分野で、開発速度を上げるために、安全性や機能性を充分にチェックせずに市場に製品を出してしまい、その結果、問題が発生してしまうということも珍しくありません。
チェックを充分に行うということは、それだけ時間が掛かるということです。

つまり、日本の会社は、そのような確認を、中国の会社以上に、細部に至るまで行っているために、対応速度が遅いという結果になっているとも考えられます。

しかし、対応速度を上げて問題が発生するリスクを解消できるのであれば、対応速度の改善は、企業の市場展開、利益改善及びリスク軽減に大きく貢献します。

中国人の意識構造の変化

彼の判断では、中国はGDPで日本を大きく超えているだけではなく、技術の面でも精神的な面でも既に日本を超えており、中国人たちは日本を見下してさえいるそうです。
そのことを分かっていない人々が日本には多いと彼は懸念しておられました。

私も、近年、大都会に住んでいる中間層の上クラスの中国人たちの意識構造が変わってきていると感じております…日本だから上という短絡的な意識は薄れ、中国には日本より優れたものが沢山あるという意識が強まってきています。
彼らは、自分の国に対する自信と誇りを増幅させてゆきそうですね。

中国は米国を超える

彼は、中国は技術の面でも、いずれ米国を超える、あるいは、既に超えていると考えておられます。

中国の技術躍進には、外から見ている者にとっては意識が追い付いてゆかない程の凄さがあるのかもしれません…まるでジェットコースターに乗った感覚のようなものでしょうか(^-^;

確かに、コンピューターや宇宙開発技術などの最先端の科学技術で中国は頭角を現してきております。
他方では、あれだけ技術の発達を遂げているにも拘わらず、何故、自動車製造では遅れをとっているんだという苛立ちが中国人にはあります。

思いますに、中国の技術には、独自の土壌で研究開発されて発展したものは多くはなく、特定分野の先端技術を海外から導入し展開してきたという背景があるのではないでしょうか。
そのために、科学の先端技術と多様な分野での独自の技術との間には、大きな落差があるのではと推察します。

中国は米国を超えているのか、超えてゆくのか、私には分かりません…判断するには考察すべき面が多すぎます(^-^;

最近の中国人は日本を見下している!?」への7件のフィードバック

  1. 大変有用な情報をありがとうございます。
    支那の場合、共産党一党独裁体制ですので、司法、立法、行政の三権をトップダウンで決めることが出来る強みがあります。
    これは、ビジネス社会においても同様なのだと思います。
    だから全てにおいて速度が速いのでしょう。民主主義国家が、民意を反映させ、多数決で決めている時間を要さないと云う事です。
    支那や南鮮は焼き畑商法が民族性に非常に合っているものと思います。
    我が国日本の先人達が、尊崇の念を抱いてやまなかった漢民族は5世紀頃までに全て滅びており、現在、支那大陸に存在する民族は南西から流入した遊牧民族の寄せ集めです。
    支那の成功の是非は、民族性によるものと考えられます。漢民族の様に臥床心胆出来得るDNAが残っていれば、必ず米国をも凌ぐ超大国と成り得るでしょう。しかし、遊牧狩生民族DNAのみであれば、潰えて行く様に思います。日本の昭和バブル期を経験しプラザ合意以降 〜 平成で全く国家成長が止まった事をよく知る我々日本人の中には、このカラクリ要因に気づいている人間が多くいます。先の全人代にて、李克強主導による財政出動、改革解放が決まったとの事ですが、米中貿易闘争含め、どの様な展開となるか目が離せない状況となっています。

    いいね

  2. asesorlegal 999さん
    コメントを頂き感謝します。

    対応速度に関して、私は中国と日本の比較だけを書きましたが、実は、他の国…欧米や韓国と比べても日本は遅いと言われているのが実情です。

    確かに、中国との対比の場合は、仰る面があるとは思いますが、その他の国と比べてもという状態を思いますと、さすがに、日本は充分な確認作業を行っている所為だと開き直ることには不安を感じてしまいます。

    中国人の共通点は中国語を話すという点だけだと極論する歴史学者もおられるぐらいですから、見方によっては、人種のるつぼと言われる米国に似ているとも言えるかもしれませんね。

    ただ、中国を地理的な視点で捉えますと、夥しい数の人間が生活できる広大な土地の魅力に色々な民族が惹かれてきたという歴史でしょうか…

    中国と言えば漢民族がイメージされると思いますが、実は、皇帝の正統性には民族は関係なかったようですね。
    皇帝の正統性の記述形式を作ったのは漢の武帝に仕えた司馬遷と言われ、彼は「史記」(紀伝体)を著作し、その中で、武帝が正統な皇帝であることを記述するために黄帝にまで遡ったそうです。
    その後、史記の記述形式(紀伝体)に基づき、その時の皇帝が黄帝にまで遡って正統な繋がりがあると記述されればOKだったそうです。

    実際に、黄帝から始まる五帝(神々)後に中国最古の朝廷と言われる「夏」は東夷であり、その後は、「殷」(北狄)、「周」(西戎)と続き、そして、実際に初めて中国を統一した(紀元前221年)とされる秦(始皇帝)は西戎だったそうですね。

    漢王朝以後も色々な王朝が出現していますが、記憶違いでなければ、漢民族による王朝は少なかったと思います。

    ただ、中国の歴史の中での融和政策が凄いと思っています。
    つまり、漢民族と言われる男たちが他民族の女性と子供をつくるわけです。
    北京大学が出版している本に、現在の中国人口の90%以上(?)が漢民族だと記されておりました。

    李克強首相の件は、私も記事で読みました。
    元々の経済政策では、彼は習近平国家主席と対立しており、干されたような状態にあったのですがね…

    いいね: 1人

  3. ありがとうございます!!
    全く仰る通りだと思います。当代における日本人は「腑抜け」ばかりだと痛感しております。
    私が敢えて支那と南鮮とを例えたのは、南鮮は一応民主主義国家ですが、内実、独裁体制国家と変わらないからであり、彼の国は、その長い属国から、民族的に独裁体制が合っているのです。日本は、東京五輪後には必ず経済は下降の一途を辿ることになるでしょうね。
    支那の急速な経済成長は、江沢民一派と米国民主党、ウォール街、日本親中派議員、日本経団連、独国、仏国によるものです。米国の古き良き時代の中流階級の富と、日本中流階級の富が、支那にそっくり移ったのです。ただ、最近、何処ぞで金鉱が発見されたらしいですが、支那には旧ソ連と違い自国資源がないのが致命的で、日本の先の大戦と同じ様に、経済封鎖される恐れもあり、トランプは既にその布石を打っています。加えて米国民主党の方が支那に対しての強行な姿勢を示していることが興味深くもあります。日本を潰したのも米国民主党です。
    公称13億人の人口のうち1/13に富が集中している支那にマーケット市場としての価値は無くなりつつあると欧米は気付き始めました。気付かないのは日本くらいですね。笑
    12億人が1日に1ドル未満で生活している現実がある支那人を、何処まで抑え付けられるかが最大の課題となるでしょう。私的には、支那のハードランディングは望んでおりません。共産党の解体が難しいのであれば、3分割くらいに分国し、共産主義国家は一つの国に押し込めておいた方が良いと考えます。支那はこの選択が出来ればアジアの盟主に成り得ると思いまし、そうなって欲しいと考えています。

    いいね

  4. asesorlegal 999さん
    コメントをありがとうございます。
    卓見だとは思いますが、私には、何しろ勉強不足で、こうなるだろう、こうあるべきだとは、なかなか言い切れない面があります。
    ただ、素直に疑問を抱く気持ちだけは失わないように心がけたいと思っています。
    私のレベルで、今後ともよろしくお願い致します。

    いいね: 1人

  5. いえ、こちらこそ、つい多くを語ってしまいました。どうかお許しください。
    私も疑問を持つよう心がけたく思います。
    これに懲りずにどうか宜しくお願い致します。

    いいね

  6. asesorlegal 999さん
    私のレベルを超えているということだけですので、却って、お気を遣わせてしまって恐縮です。
    まあ、私は舌足らずで、お気持ちを忖度できない無骨さがありますので、ご容赦下さい。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください