ひな祭りはどっち…旧暦と新暦

雛祭りは、小さな女の子の健やかは成長を祈願する年中行事ですね。

内裏雛

おひな様(男雛と女雛)を桜や桃の花で飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などで楽しむ節句祭りと言われております。

三人官女、五人囃子などなどを伴い、5段飾りや7段飾りがありますが、住宅事情で上記写真のような内裏雛(だいりびな)だけになってしまう場合も珍しくなさそうです。

江戸時代までは、桃の節句である太陰太陽暦(旧暦)の3月3日(現在の4月頃)に行われており、明治の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なうのが一般的になったそうです。
ただし、東北・北陸など積雪・寒冷地では、旧暦3月3日に祝うか、新暦4月3日に祝うところが多いそうです。

中国では、日本の節句に相当する行事は旧暦で行われております。
ですから、毎年、行事の新暦での日にちが異なります。
まあ、不便と言えないこともないですよね。

因みに、中国の大きな行事で新暦で行われるものは国慶節です。
国慶節は、いわゆる、中華人民共和国の建国(1949年10月1日)記念日ですので、新暦で10月1日と決まっております。

日本では、季節に依存する節句を旧歴から新暦に置き換えました。
置き換えること自体は問題ないのですが、雛祭りの旧暦の3月3日をそのまま新暦の3月3日にすることに違和感をもたないことが不思議です…約1か月のズレがあります。

桜や桃の花で飾るとい言いましても、新暦の3月3日では咲いていないのですから…季節感がかなりズレますよね。

桃の花
桃の花
桜

ついでに童人形の写真です。

童人形

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください