無人コンビニにたむろする老人

中国で無人コンビニが広がっているかのような報道もありますが、果たして、そうでしょうか…

アリババが投資した無人コンビニは、杭州を中心として展開されましたが、アリババは、最近、破綻宣言をし、有人のコンビニに衣替えをしているそうです。

大きな原因は、無人コンビ店内のエアコンが快適な空間を作り出しているため、買物をしない老人たちがたむろするようになり、買物客が敬遠するようになってしまったことにあるそうです。

店内で老人がたむろする例
店内で老人がたむろする例で、無人コンビニ内ではありません。

アリババは、それと並行して、有人コンビニの「喜士多」(C-STORE)を買収しましたね。

有人コンビニC-STORE

「喜士多」は中国で500店舗ほど展開しているそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください