老人問題対策を若い世代に委ねるな

世間は、老人と費用の増加問題で姦しいですね。

まあ、姥捨て山のような時代ではないと は思いますが、実質的には、似たような 状況になる可能性(あるいは既に)はあると思います。

それは、昔通りに若い世代(現役世代) に解決策を委ねるからではないかと思います。

老人たちが利益代表グループ(政党?) を立ち上げて、積極的に政治・行政に参 加してゆくことが、臭い物には蓋式の 姥捨て山になってしまうことを避ける 方法ではないかと思います。

現状は、喫煙者が非喫煙者に文句を言わ れると、何も言い返せないのと同じよう に、老人は、若者を犠牲にしてはならな いと言われますと、ただただ黙しているだけです。

年齢上、老人を一括りにできても、 体力・健康上では、かなりの個人差があります。

従って、健康・体力上で特別な問題がな い老人たちは、外に出て、積極的に 政治・行政に参加するべきです。

元気な老人

そして、老人の利益代表者を国会や地方 議会に送り出すことによって、より建設 的な老人社会対策が策定される可能性が 高まります。

まあ、思うだけなら、簡単なんですけどね…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。