バミューダ・トライアングルの謎が解けた?

HuffPostの8月2日付ニュースによりますと、科学者たちは、バーミューダ・トライアングルの謎が解けたと考えているようです。
【オリジナルソース】
https://www.huffingtonpost.com/entry/bermuda-triangle-waves_us_5b628966e4b0b15aba9faaa4

巨大で狂暴な波

それはUFOでもなく、海の怪物でもなく、巨大で狂暴な波という結論です。

バーミューダ・トライアングルは、マイアミ、バミューダ、プエルトリコを結ぶ三角海域で、多くの船や飛行機が行方不明になっているといわれる場所です。
(但し、かなり脚色されて、事実とは違っている事件も少なくないそうです)

Bermuda_Triangle

この三角形の海域で南北の嵐が発生しますが、それにフロリダからの嵐が加わると、狂暴な波が形成され、その波の高さは100フィート(30.48メーター)にも達すると考えられるそうです 。

そのような狂暴な波に襲われますと、船は沈没を免れないということですね。

但し、飛行機に関しては、具体的な説明はありません…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。