自戒の念を込めて…(-_-;)

地獄の鬼

上海でチップ制KTVクラブ遊びは、たとえ接待でも、日本人のサラリーマンにとって高値の花になってきているようですね。

大きな変化は、勿論、為替で、日本円が弱くなったことです。
2012年の前半までは11-12円/元程度でしたが、今では、個人で両替しますと17円/元程度になっていますでしょう。
つまり、たとえ、元定価が変わらずとも、日本円コストでは、1.4-1.5倍に値上がりしていることになります(>_<)

次に、特に、チップ制KTVクラブでは、ボトル代金が極端に値上がりしてきていることです。
ポピュラーなボトル-いいちこ―で、昨年から今年にかけて、40%程度の値上がりだと思われます。
因みに、セット350元+チップ300元+ボトル1,400元=2,050元(約35,000円弱)が一人の比較的安目の料金となります。二人ですと、一人当たりのボトル代金が半額になるとは考えないことです。

女の子を入れて4人で飲んでますと、まあ、間違いなく、2本目のボトルを入れる(注文する)ことになります。
ノーチップ制クラブですと、一人当たりセット350元+予約指名200元+ボトル(いいちこ)780元=1,330元(約23,000円弱)となり、チップ制より安くあがりますが、問題もあります。

ノーチップ制は、出張者の接待には要注意なのです。
お客が指名した娘が人気がある娘ですと厄介です…都合30分程度しか隣に座ってくれないということも珍しくありません。
つまり、他の客と掛け持ちをするのです。

思いますに、古北地区に見切りをつけて、生活費の安い地区にクラブを移す、あるいは、そのような地区に新たに目の玉が飛び出ないクラブが出来るかもしれませんね。
タクシー代が往復100元以上掛かっても、2・3人で乗るなら負担になりません。
そんな日式KTVクラブが出来てくれると嬉しいのですがね(^-^;PS.

中国の飲み屋の女給を「小姐(Xiǎojiě)」と書いている方々が多いです。
中国に慣れ親しんでいるというイメージ作りにも役立っているのかもしれませんね。

まあ、中国では、実際に使われている言葉なんでしょうから、問題はないのでしょう…

「小姐」は「女給」の意味なんでしょうが、日本で「女給」は使われなくなってますね。
それには、それなりの理由があるわけです。

上海では、多分、中国では、「小姐」は「娼婦」ではなくても、それに近いイメージを与えるようです…但し、飲み屋で働く「小姐」のことです。

言葉は時代とともに意味合いが変化します。

そんなこともあり、私は「小姐」を使っていません…
代わりに「娘(こ)」を使っているのですが、あるいは、誤解されているケースもありますでしょうね(-_-;)

数年前のお話ですが、友人と公園でバドミントンをした帰り道で、後ろから声を掛けられ…振り返ると、そこに、ニコニコしている女性がいました。

「あれっ、何してるの?」
「ジョギングしてたのよ。あなたは?」
「友達とバドミントンの帰りだよ。元気そうだね」
「あなたもね」

そこまでは良かったのです…

彼女は、行き付けのクラブで顔なじみの娘ですので…友人に「クラブの娘だよ」と彼女を紹介したのです…

その後、その場で軽い会話を済まし、彼女と別れました。

それから暫くして、そのクラブに接待で行った時に、指名もしていない彼女が私のそばに来て…
「この間は酷いじゃない!」
と責めるのです。
「なんだよ、どうしたんだよ?」
「何で、あなたの友達にクラブの女だと言って私を紹介したのよ!」
「???間違ったことを言った?」
「間違いじゃないけど…ひどい!」

彼女が言うには、自分の目の前で、飲み屋の女だと他の人に紹介されるのは屈辱的だということでした(>_<)

飲み屋の女は社会的にどう見られているのかを彼女は簡単に説明してくれましたが…
じゃあ、あの場で、どう紹介すれば良かったのかという課題に関しては、解決できませんでした(-_-;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。