古北地区KTVクラブの近況

古北地区のKTVクラブは、殆ど、元の状態に戻ったように感じられます。

目に付きました変化の一つに、“818”と“ロイヤル”の塔のような大きな看板が撤去され、小さな置き看板になったことがあります。

(PS. “キャッツアイ”も、交差点角に掲げていた凄く大きな看板を取り外しました。KTVクラブの目立ちすぎる表示は、行政指導を受けているようです)

日本人客の数が減り、中国人客の数が大幅に増えているようですが、それは、以前からの傾向でした。

日本人専用の意味も含意されていた“日式”は、海外の和食店のように、単なる“日本風”という意味に替わってきているのかもしれませんね。

実際に、
日式KTVクラブやスナック・バーは、中国人客を当てにしなければやってゆけない状態でしょうね。

中国人客が増えた影響もあるんでしょうが、女の子たちの過激化は進んでいるようですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。