食卓でギョッとさせられたパッケージ

先日、南京のレストランで奇妙なパッケージに出会いました。
それは、食卓の上に置かれた、ギョッとしそうな小さい物でした。

赤いちいさなコンドームに似たパッケージ(愛のケア=実の愛であなたを守ります)

昔、米国のフロリダでザリガニを食べた時は蒸しただけのものをケチャップに付けて食べるだけでしたので指が油で汚れるということはありませんでした。

淡泊な味でしたが、食べ始めたら止まらないという感じで段ボール箱に盛られた沢山のザリガニを無心に食べ続けたという記憶があります。

中国でのザリガニは、こってりと料理されており、殻を剥いて食べますと、手が油でべっとりと汚れます。

そこで、薄いプラスチックフィルムの手袋が料理と共に提供されるのです。

一般的には、包装されずに手袋だけが無造作にテーブルに置かれるのですが、当の南京のレストランでは違っていたのです。

手袋が包装されていたのです…しかも、手袋が入っているとは思えないパッケージにです。

この包装にどれだけの価値が実用上あるのか分かりませんが、話題提供という点では、大きな効果がありそうですね(^-^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。