キーボードのキーの反応が鈍くなった時

6年ぐらい使ってきました東芝ノートとASUSモバイルノートのいくつかのキーの反応が酷く鈍くなりました。

何回も叩いたり、長押ししていて初めて反応するという状態でした。

(搭載されている記憶装置がHDD=ハードディスクの場合は、キーボードを叩かない方がイイですね。
HDDが壊れる可能性があります。
私はHDDをSSDに換装していますので、叩いても問題なさそうです)

掃除機でキーボードを吸引することを何回かやりましたが、全く効果がありませんでした(-_-;)

こりゃあ~修理屋行きかな…面倒臭いと思っていたのですが、数週間前に、取引先の方が、クリーニング用のエアスプレー缶(圧縮空気を詰めた缶)を使うのがイイと勧めてくれたことを、やってみることにしたのです。

その存在を知ってはいたのですが、効果に関して疑っていたのです。

まあ、ダメもとでやってみようと思い、徐家匯にあるパソコン関連の店が沢山入っている二つのビルに買い求めに行ってみたのです…が、方々の店で聞いてもエアスプレー缶は売っていないのです(-_-;)

日本では、
百円ショップでも売られているようですが…

ネットで調べてみましたら、ありましたね。

エアスプレー缶

…2種類だけでしたが…チョット高い方…26元(約450円)…を買い、先日届きました。

早速、それに付属の細長いノズルを付けて、勢いよく吹き出す空気を反応の鈍いキーの隙間に吹き込みクリーニングをしたのです。

直りましたね(^O^)/…
完全にという感じではありませんが、反応の鈍さが気にならなくなりました。

ただ、続けて使っていますと気化熱が奪われますので、エアスプレー缶が酷く冷たくなってきて、素手では持っていられなくなります。

まだ手袋を持ってましたので、手袋をして使い続けたのですが、ダメでしたね。

缶が酷く冷たくなるために、
周囲から奪える気化熱が小さくなり、空気の噴出力が弱まってしまうのです(-_-;)

従って、一旦、使用を中止して暫く置いてから、再度使うことになります。

PS.
写真のエアスプレー缶を鞄に入れて運んだのですが、地下鉄の改札口手前で行っている手荷物検査で引っかかるだろうなあ~と思ってましたら、案の定、引き留められましたね…(^-^;

まあ、缶を出して見せて、問題なしでしたが、中国製で表示が中国語ですので、簡単に済んだと思います。

地下鉄駅の手荷物検査-上海

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください