富の偏在を遍在へ

偏在から遍在へ

手っ取り早く景気を活発化させる画期的で実現可能性が極めて低い方法は?

国々の富が
偏在しすぎてしまったことが世界の景気が低迷する元凶です。

ですから、景気が上向いたかのように思えても、生み出された富の80%以上が⇒人口のほんの一部でしかない金持ちに流れ、残りの10%~20%が⇒大多数の庶民層に流れますから、誰が考えたって好景気が長続きする筈がありません。

その偏在する富の、取り敢えず、数十パーセントを、「偏在」⇒「遍在」に変えることが出来れば、世界の景気は劇的に上昇する筈です。

これは、理論的に明解で、且つ、方法自体も単純だと思います。

問題は、既存の法上では不可能だということです。

【ご参考】
★ 今日も一日が過ぎようとしています-格差社会の現実

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。