現存する大阪城は徳川が築城!?

この写真も友人が送ってくれたものです。
大阪城天守閣

大阪城天守閣です。
このような角度から撮りますと、
自然に融和されて違和感がありませんが、ちょと、寂しくも感じますね…

大阪城といいますと、
豊臣秀吉が築城したものと思うのが一般的だと思いますが、
我々が目にする地表に現存する大阪城は、
徳川時代に修築(実質的に新築)されたものだそうです。

豊臣秀吉が1583年から1598年にかけて築城したとされる大阪城は、
1615年の大阪夏の陣で豊臣氏滅亡と共に焼失したとされています。

徳川氏の時代になってから、1620年から1629年にかけて、
城跡に数メートルの盛り土をして築城されたものが、
我々が現在目にする大阪城であると確認されています。

築年代からしますと、
徳川秀忠と家光の時代にかけて築城されたことになりますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください