日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

日本地図

漠とした思いですが、
日本が人口を2億人まで増やすことができるとするなら、その過程において、日本はファンタスティックな…飛び抜けて素晴らしい国になると思うのですが…

日本国土は決して狭くはありませんので、広く活用して、試行錯誤を繰り返して人口を1億5千万人にすることが出来ますと、その後の2億人達成は難しくないと思います。

日本の国土には、人口2億人を育める広さが充分にあると思います。現在の55都道府県で平均370万人の人口を達成できますと、総人口で2億人を超えます。

そのためには、
インフラの整備だけにとどまらず、社会制度の変革が必要でしょう。

一番大きな改革は、子供の成長過程が親の環境/生まれた環境(特に、経済環境)によって左右されず、平等に教育を受ける機会が与えられることでしょう。
それによって、
親の負担も大幅に軽減されます。

それと、食料自給率の改善でしょうね。
栽培・耕作システムを変えて、単位面積当たりの収穫率を上げる必要があるでしょうね。

勿論、国の生活環境を、人々が、子供の将来に期待でき、日本の社会に住み暮らしたいと思うレベルに向上させてゆく必要があります。

【ご参考】
★ 島国「日本」は本当に小さいの!?

PS.
世界を牛耳っている極少数の人々は、世界の人口を減らす方向に舵を切っているようです。
【ご参考】ブログは、やっぱり、自分のために書く…凡人とは

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す” への2件のフィードバック

追加

  1. 人口増は確かに面白い発想です。
    50年も前のことですが、「日本は、豊かで耕作すべき土地に人間が定住しいる。日本には技術があるので、人々はもう少し高い所に住み、広い平野は生産のために活用すべきだろうね。もったいない。」と土木関係の友人がよく口にしていました。
    暫くすると、日本ではエネルギー革命がきます。簡単に電気が充電できるようになり、日日使う電化製品から飛行機や車にもガソリンがいらなくなります。
    もし実現したら、2億の人口は歓迎ですね。かつてのアメリカのように、魅力的な国・国民となれるかもしれませんね。たのしみです。

    いいね

  2. マドレーヌさん
    面白い発想でも、実際のところ、周囲の連中には受けませんね(^-^;
    日本は山が多い島国で小さいという思い込みが広くありそうです。
    そうですね、ご友人が仰ったように、人々は海抜が高い地域に住むということも、地滑りと火山の問題がなければ、海からの自然災害も避けられるのでイイかもしれませんね。
    そうですか、エネルギー革命が起きますか…究極のエネルギーは海水から重水素を造り、その核融合によって得られるエネルギーだと昔から言われていますが、どの程度まで開発が進んでいるのかは分かりません。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。