EVに対する中国政府の本気度

上海では、ディーゼル・エンジンではなく、電気モーターだけで走るバスが増えてきています。

音が静かで、加速も力強くてスムーズで、臭いもしません。

上海の電気モーターで動くバス

ディーゼル・エンジンのバスとは違って、非常に乗り心地が良いですね(^-^)

バッテリーの充電で走るEVバスだけではなく、トローリー・バス路線も新設されています。

我が社の社員が昨年購入した車も、BYDのハイブリッドです。

EVに対する中国政府の本気度が具現化されてきています。

既存の大手自動車メーカーの旧態依然とした技術資産が、大幅に減少しつつありますね…

F1も、近い将来は、EVになるかもしれませんが、そうなりますと、各車輪に駆動モーターを備えて、コントロールできるでしょうから、余りにも自動コントロールされ過ぎた車になって、競技としては魅力がなくなるでしょうね(-_-;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。