シェアサイクルー中国で爆発的ヒットの背景

中国で爆発的なヒットと言われている
シェアサイクルのシステム販売会社は、
上海には少なくとも6社あります。

そのうちの1社(?)が日本に進出すると発表されました。
成功するんでしょうかねぇ~…

上海以外の事情には疎いですので、上海の事情をお話します。

上海で爆発的にシェアサイクルが
普及しましたのは、東京やその周辺とは異なる
道路事情によるところが大きいと思います。

上海には、自転車・電動自転車の専用レーンがある道が多いのです。
結構幅広いレーンもあり、
そこでは逆方向に走ってくるバイクも普通にいます。

自転車・電動バイク専用路
白線の右側が自転車・電動バイク専用路です。白線の代わりに鉄製フェンスの場合もあります。

そして、駐輪スペース
(歩道に白ペンキで範囲が表示されてある)
は至る所にある
のです。

IMG_20170125_145817

上記の二点が成功を収めた背景にあると思います。

以前からレンタル自転車はあったのです…
そのレンタル自転車は特定の駐輪場所に
備えられた錠で固定されており…
その設備を持つ駐輪場所は数が少なく…
利用・返却が不便でした。

今でもありますが…
利用している人を見かけることは以前から稀でした。

新たに現れた自転車のシェア・システムは、
スマホで外したり掛けたりできる錠が、
自転車自体に取り付けられており、
借りた自転車を返す時は、
駐輪スペースがある場所に置いておくだけです。

その駐輪スペースは至る所にありますので、大変便利です。

ですから、近距離でタクシーに乗っていた人が
利用したり、時間帯によっては
タクシーが捕まらず、シェアサイクルで
行ってしまうというケースが多々現れてきました。

通勤・通学に利用しだした人たちも増えました。
今までは15~30分歩いていた人たちが、
利用し始めたことも勿論あります。

確かに非常に便利です。

シェアサイクルに乗っていて、
雨が降ってきたら、
そばの駐輪スペースに返却し、
タクシーで移動することも、あるいは、
バスか地下鉄の乗り場まで行って、
そばの駐輪スペースに返却することもできます。

今では、そのシェアサイクルは
ありとあらゆる場所で利用可能という状態です。
いわゆる、どこにでもあるという状態のなのです。

歩き疲れたから自転車にでも乗ろうか
と思っても、シェアサイクルは
すぐ近くにある可能性が高いのです…
信じられない状況になってます。

まあ、これから色々な問題も発生してくる
でしょうが、それらの問題は
解決されるべきことであって、
だからシェアサイクルはダメだ
という後ろ向きの発想はしないことですね。

日本は往々にしてダイナミックな新たな展開を
潰してしまう傾向があります。
ダイナミックな新たな展開は種々の問題を
発生させる可能性が高いです…
それはそうでしょう、
新たな展開なのですから経験されていない部分が多々あります。

種々の問題は、
解決する対象にするべきであって、
新展開を単純に止めさせる理由にするべきではありません。
勿論、解決が難しく、
結局は諦めざるを得ないというケースもあるでしょうが…

さて、シェアサイクルを
日本でも成功させるためには、
上海のように専用レーンを設けることと、
駐輪スペースをあらゆる場所に設けることが必要だと思います。

簡単なことではありませんが、
長期的な企画としては有意義なものではないでしょうか。

歩かなくなる、事故が多発する、管理が雑になる…
などなどの問題が発生しそうですが…

それらの理由は、シェアサイクルがもたらすであろう数々の利点
(自転車の盗難が急減することも含め)
を拒否するだけの理由になるのでしょうか。

【ご参考】
★ シェアサイクルの無残な状態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください