天皇は本当に人間なのでしょうか!?

考え方の基本が出来ていないと言われても仕方がないように思われます。

法制度で存在するものの意思を100%縛れるとするなら、それは人間以外の存在、例えば、ペットなどです。

従って、天皇という役割を担っている存在が人間ではないのか、人間なのかを明確にしてから譲位の問題を検討しなければ無意味な議論を延々と続けることになってしまいます。

現実には、昭和天皇は既に人間宣言をなさっておられ、かつ、国民も天皇の役割を担っている存在は人間であると理解しているのですから、天皇の地位に就いている存在も人間であるという前提で考えなければなりません。

そして、人間であるなら、
基本的人権を享受できる資格があります。
従って、その地位に就いている人間が辞めたい、辞めると意思表示をするならば、その意思を拒否する権限は誰にもない筈です。

天皇の譲位をスムーズに進めるためには法改正が必要だということなら、その法は憲法に抵触しているということになります。

その後をどうするかを検討して、最適な結論を出せば済むことです。

それよりも、天皇という地位を今後も世襲制で縛ってゆくのか、それとも、地位として独立させるのかを検討する方が面白いと思うのですが…

このままでは、万が一、
天皇の血筋が絶えてしまう、あるいは、譲位されるべき人が全員拒絶なさいますと、天皇という地位も消滅してしまうことになります。

まあ、そうなれば日本国も消滅してしまうと考えている方々もおられることでしょうが。

【ご興味があるかも…】
★ 唐突に…天皇は人間になりそこねた

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください