ひらがなの「KI」の書き方

日本語を習い始めた中国人の方から質問を受けました…
「き」の書き方を教えて下さいと言うのです。

私はてっきり書き順だと思って、このように書くんですよと実際に書いて見せました。

そうしましたら、ふ~ん、やっぱり違うんですねと言われたので…
なんで、違うわけないでしょう!?
とちょっと声を張り上げてしまいました。

彼の質問は、書き順ではなく、全く意識に登りもしなかった疑問でした。
それは、ひらがなのKIは、「き」と「き」のどちらが正しのかという質問です。

つまり、「き」の丸味のある部分がもう一つの「き」では切れています…
3画と4画の違いです。

確かに、PCで一般的に使うフォントでも「き」となっており、出版されている本でも「き」が使われているケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。

しかし、手書きの方では、「き」の方が圧倒的に多いのではと推量します。

私自身も、子供のころから「き」と書いた覚えがなく、「き」と書き続けてきています。「さ」も同様です。

つまり、学習指導要領では「き」となっていたのではと思っています。

尤も、そんなことは小学校の先生にお聞きすれば即座に回答が得られる疑問ですから、私があれこれ考えても意味ないことなのですが、中国人に直接質問されたものですから、中国人たちは簡単に言う「不知道」で済ますことも出来ず、困ってしまった次第です。

その場では私と周囲の人たちの書き方だけの話をし、後でサイトで調べてみたのですが、結論は、現状ではどちらでも良く、統一が検討されているという大変曖昧な状況のようです。

どちらが綺麗に見えるか、どちらが書き易いかのウンチクも出てましたが、ボールペンで書くなら「き」の方が画数が少ないだけ合理的で速く書ける筈です。

印刷上の合理性は分かりません…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。