日本は主権国家とは言えないような状況

北朝鮮の核実験に関して、
米国もとうとう尻に火が付いたような感覚になってきているようです。

それはそうですよね。
以前は、核弾頭を搭載したミサイルも米国本土には到達できなかったのですが、
今年になって到達可能なミサイルが開発されたようですので、
日本を防波堤にした安心感は消え去ったことでしょう。

中国は交渉による平和的解決をと相も変らぬ念仏を唱えてますが、
それはそうでしょう。

今となっては北朝鮮は実質的に中国の資産であり、
核ミサイルは中国には飛んでこないと思っているわけですから、
万が一の(北朝鮮が核ミサイルを発射する)場合でも、
中国にとっては国際戦略上有利になるだけだと考えている筈です。

ロシアも同様に判断している筈です。

中国は、むしろ、発射されれば良いと思っている可能性は低くありません。

そして日本はと言えば、
北朝鮮が日本にある米軍基地すべてにミサイルを発射できる状態にある
と宣言しているにも拘わらず、現状を報告するだけで、
何らの対策も発表されていませんよね。

米国次第だと言われていますが、
その米国の対策も聞かされていないという状況ではないでしょうか。

本当に日本は主権国家であると胸を張って言えるような状態ではありませんよね。

米国と中国が唱える世界平和の内容が異なっていることは事実であり、
また、どちらの国際平和も日本が望む国際平和とは異なることも事実です。

それならどうするのか…
日本のマスコミが言う「有識者」「知識人」達は
一体何をしているのでしょうか!?

PS.
ロシアのプーチン大統領は、現在の世界で、
独立主権国家と言える国家は少ないと明言しています。

【ご参考】
★ 日本国民が努力すべき方向は?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください