漢字文化の厄介な一面

それほど頻繁な間違いではないのですが…

スマホでメッセージを入力していて、タッチ間違いで違う意味の漢字を入力してしまうことがあります。

それに気付かないままに、メッセージを送信してしまうことがありませんか。

例えば、「変」を入力するために「へん」と打ちますと、
返、辺、変、編、片、偏、篇、遍など
幾つもの漢字が表示されます。

その中で、「変」にタッチすれば良いのですが、誤って他の漢字に触れて入力してしまったことに気付かない場合があるのです。

間違って入力した漢字のために、明らかに文の意味が通じなくなる場合は、大きな問題にはならないと思います。

しかし、その文の意味が成立してしまうと厄介になることもあります…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。