電気製品は、壊れても壊れても、直し直し使い続けます

とうとう部屋のエアコン暖房を使い始めました…

今週一杯は我慢しようと思っていたのですが、部屋の中が寒すぎて、喫茶店から帰るのが嫌になってしまいす…

これでは電気代よりコーヒー代の方が相当高くついてしまいますので意味がありません(-_-;)

上海での経験では部屋のエアコン暖房が弱すぎて、寒さに耐えていた部分もあったのですが、珍しくも、この部屋のエアコン暖房はよく利きます(^-^)
メーカーはPanasonicです。

中国メーカーの物、たとえば、Mideaでも新しいうちは問題なく暖房してくれるのでしょうが、耐久性は日本メーカー品よりは劣るように感じています。

こちらの方々は、電化製品を何回も修理しながら使用続け、修理屋に
「お客さん、今は直せますが、来週また故障するかもしれませんよ」
と言われて初めて買い替えを考えるそうです。

ですから、修理してもらっても、すぐに再度故障してしまうということが珍しくないようです…
私自身も数回経験しております。

修理屋さんによっては
電化製品の故障修理で極端な方法を用いることもあります。

例えば、エアコンの利きが悪い時の修理で、サーモスタットを外されてしまったという経験があります…
オイオイ、そりゃあ~ないだろうと言ってやりたくなりますよね(^-^;

【ご参考】
★ 上海での電化製品の故障

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。