上海の水商売も景気後退に敏感に反応しています

明日から顧客が来ます。

日本から上海にお出でになる顧客は、今でも、それなりの期待を持って来られます…
5年前と変わりません。

問題は、どこで彼を接待するかです…
行き付けの場所は、事情があって、もう行きたくありません。
余りにも客を蔑ろにする傾向が強くなってきたために、見切り時だと判断したためです。

かといって、誰もが知っている場所にお連れすることは陳腐すぎて、欠伸をされるかもしれません…出たとこ勝負という案もあるのですが…

最近の日本人専用という遊興の場は、客の絶対数が減ってきていて競争が激化してきているような感じがします。

飲み放題をうたう店も増えてきています。

飲み放題は基本的にボトル代が掛からず、ホステスの売り上げにはならないシステムです。
ですから、ホステスには喜ばれません…
彼女らには規定のチップが入るだけです。

それだけでも彼女らにとっては御茶を挽くよりはズーットましな筈なんですが…
また、その客が常連になる可能性だってあるのですから。

彼女らの日々の生活も、
上海のあらゆる物(特に、家賃)の値段がが高騰してきたために、大変でなってきています。

私は、上海は物凄いインフレ状態だと思っていますが…
まあ、同意する人は少ないかもしれませんね。

日中の仕事だけでは生活が苦しくなり、夜の仕事をアルバイトでやる女性たちの数も増えてきているようです。

そのような背景もあり、ホステスたちの競争も激しくなってきているのでしょう。

店のママ達も新規の客獲得にアクセクしているようです。

以前は全く経験のない女の子も積極的に雇っていた中型店が、今ではその余裕がなくなり、客を連れてこれる娘を中心に雇うように変わってきています。

経済活動の上下に敏感に反応する水商売の業界に、明らかに、後退の影が色濃く忍び寄ってきていると言えそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。