トランプ氏は既存の社会体制に変革をもたらすか

既存のマスメディア(報道機関)の負けだと言う人達もいます…
米国次期大統領のトランプ氏の選挙での勝利を見通せなかったことに起因する批判(?)です。

その見解には、なる程と思わせる面があります。
何故なら、
既存の社会体制の利益を享受していると意識できる既得権者層と、利用されていると意識する社会の弱者層との一騎打ちとも言える一面をもった選挙選だったからです。

そう意味では、マスメディアが負けたとも言っても不思議はありません。
彼らは明らかに既得権者層の真っただ中にあるからです。

彼らは、トランプ氏に負けて欲しかったのですから、どうしてもトランプ氏が勝つかもしれないという要素の分析には、力が入らなかったのではと、善意に解釈すればそうなるのではないでしょうか。

ただ、そう見えにくいのは、トランプ氏自体が既存の社会体制を享受している既得権者層の代表のように映るからです。

勿論、そうなのでしょうが…
彼の標榜には、既存の社会体制に不満を持つ人々の賛同を得る、あるいは、違った方向に政治が動き出すのではと期待を持たせるものがあった、ということでしょう。

彼は、特別に弱者救済を叫んでいるわけではなく、20年前から崩壊したと言われる米国の中産階級(中間層)に属していた人々が、希望を託したいと思わせる内容を訴えたのだと思います。

例えば、米国が世界平和のためと称して費やしてきた、巨大な資金と米国民の多くの犠牲が、具体的にどれだけの恩恵をどれだけ多くの米国民にもたらしてきたのか…

それらの恩恵は、既存の社会体制を享受してきている一部の人々へ必要以上に集中していただけだと考える人々が多数いたとしても不思議ではありません。

【ご興味があるかも…】
★ Donald Trump氏の発言には人間味がある

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。