上海のKTVクラブ チップ制とノーチップ制

先日、日本の顧客が仕事で台湾に行った帰り道で、私に会うために上海に立ち寄ってくれました。

夜は行き付けの日式KTVクラブ「酔夢」での接待となり、彼は個室が良いというので事前に人数が2人と伝えて予約してから夜8時半頃に行きました。

ところが、その店のママが9時半頃に4人組の客を外から連れてきて、外出着のままで我々の個室に入ってきて立ったまま通告するではありませんか。

「個室は3人以上のお客様と決まっていますので、2人では困ります。個室を空けて下さい」

と言うのです…
我々が事前に人数を伝えて予約していたにも拘わらずです。

そのママは、本当に申し訳ありませんと謝るでもなく、まるで個室にいる我々が悪いと言わんばかりの態度でしたので、中国だからということで色々と我慢してきた顧客と私も、さすがに白けてしまい、分かったと言って費用を清算して帰ったという次第です。

1時間程度の遊興には高すぎる出費でした。

中国駐在の初めの3年間使用していたKTVクラブは高すぎるということで、2年前に探したノーチップ制のKTVクラブは、古北にある「酔夢」という、小ぶりな新規開店の店でした。

頻繁に行ってはいませんが、色々な顧客を連れて行きました。

その後、気心がしれた顧客で、その店で気に入った娘を見つけた顧客だけの接待用に使い続けました。

年に1~2回程度しか上海に来られない顧客の接待には不向きです…
かなり高い確率で顧客が不満を持ってしまいます。
…怒り出す顧客もいました。

ホステスの数は30人程度で、気に入った娘と出会える確率は20%前後と言えそうです。
大型店と比べたら確率は落ちますので、また、ノーチップ制ということもあり、新規の顧客や開拓しようしている顧客の接待には不向きです。

費用は、セット料金300元とホステスの指名料です。
指名料は、店内で指名した場合は100元で、外から予約指名した場合は200元です。

ホステスたちは、店内の指名では、その日の飲み代が自分たちの売り上げとして計上されないので、次回は外から予約を入れてくれとシツコク迫ってきます…
指名料が200元と倍になるからだけではありません。

ボトルは、今年、100元程度値上がりしています。
焼酎のいいちこが780元ですので、他と比べて安いわけではありません。
バランタイン12年物が780元ですので、偽物かもしれません。

店の方針は、
一番ポピュラーないいちこで稼ごうということなのでしょう。

ウイスキーのボトルを一夜で空にするのは、ホステスにとって大変ですが、彼女らは焼酎なら簡単に空けてしまいます。

まあ、雰囲気は悪くはありませんが、店のママが新規の客を増やそうとして露骨にやり過ぎますから、顧客を連れてくる常連客が離れてゆくという悪循環に陥りやすい状況にあります。

つまり、釣った魚には餌はやらない、という露骨な運営をしているのです。

ですから、常連客が顧客(出張者)を連れてきても、1時間以上も指名したホステスが顧客に付かないという状況が頻繁に発生しています。

特に、比較的人気のあるホステスを指名しますと、初めにちょと座るだけで、その後2時間以上も席に付いてくれないということが珍しくありません。
客の数が多い日は特に、このような現象が発生します。

挙句の果てに、
チーママなどがヘルプの娘(人気がない)を付けさせてくれとシツコク迫ってきます。

ヘルプを付けると追加で100元取られます。
何故、気に入って指名した娘が同席できないために、気に入っていない娘を更に追加費用を払って指名しなければならないのか…
普通の神経の持ち主なら断るでしょう。

このような露骨なやり方は、
常連客のすべては特定の娘にホレて来ているということを大前提としているからできるのでしょう。
その娘たちがいるうちは常連客は逃げない、と思っているのでしょう。

それ故に、店の主力ホステスたちを上海に住んでいて新規の常連客になりそうな客たちに集中的に付けるわけです。

しかし、常連客が連れてきた顧客たちが楽しめないのであれば、その常連客たちも、そんな店を使い続けることはできません。

これはノーチップ制のKTVクラブだから発生する現象です。

チップ

チップ制であれば、基本的に指名したホステスは客が帰るまで同席しています。

チップ制は、
指名した後のチップの額でホステスのサービスが異なってきて、結局は高額なチップになりやすい、というイメージを持ちがちですが、決してそうではありません。

勿論、そのようなKTVクラブもありますので、事前に和食のレストランに置いてある夜のお遊び案内書で確認しておくか、直接KTVクラブに電話して確認することができます。

縁結びや818などの大型KTVクラブもチップ制ですが、セット料金は350元で、チップは300元と明確に決まっています。

確かに、ノーチップ制と比べれば高目ですが、出張者など、常連客になるのではない客たちにとっては遊びやすさで勝っています…
何しろ、指名した娘は帰るまで同席していますから。

また、大型店でもチップ込みの飲み放題で手頃な費用に交渉もできます。
飲み放題でも大勢のホステスの中から気に入った娘を選べます。

大型店でもボトルの値段を交渉できたりもしますが、まあ、飲み放題ではビールにしておいた方が無難かもしれません…

従って、特に出張者たちを接待す
るためには、名の知れたチップ制
のKTVクラブがノーチップ制の
クラブより優っていると言えます。

【ご参考】
★ 上海のKTVクラブでの遊び方

PS.
「酔夢」は、正式には、スナック・バーの登録です。
登録上は、いわゆる、KTVクラブではありませんが、システム+雰囲気は、KTVクラブそのものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。