パイロット万年筆”カクノ”再考

パイロットの万年筆”カクノ”は確かに、 ボールペンに慣れ親しんだ方が仰るとおり、 良くできた万年筆だとは思いますが、 ちょっと、ほめすぎた嫌いがあります。

パイロット万年筆カクノ…キャップを外している

それは、弾力性に劣るために、 長く書いていると指が痛くなってくることです。
ペン先が硬いために、知らず知らずに筆圧が 上がってゆくからだと思います。

同じような安万年筆のPELIKANOでは、 書いていて指が痛くなってくるという経験はありません。

それから、コンバーター(インクの吸入器)の容量が ちょっと小さすぎますね…
使う方によっては異なる印象をお持ちかもしれませんが…

何れにしましても、この手の万年筆として良くできているとは思います。

なお、エイプリルフールの日だからといって、 虚偽を書いたわけではありません。(^-^;

【ご参考】パイロット万年筆 ”カクノ”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください