英語と日本語の橋渡し

私の低い英語のレベルでも英語に接していますと、如何に日本語を知らないか、充分に理解していない日本語の語句が如何に多いか、に気づかされて唖然としてしまいます。

日本人で英語の学者・研究者としての仕事をなさっておられる方々は少なくありませんが、その中で、英語と日本語の橋渡しをなさっておられる方々は、英語と日本語の両方に造詣が深くならなければならず、大変だなあ~と思っております。

しかし、英米人で英語の学者がおり、日本人で日本語の学者がおられるわけですので、英語と日本語の橋渡しをしておられる学者たちには、自ずと限界がかなり手前にあるような気もします。

実際に、彼らは、その限界をどのようにして克服なさっておられるのでしょうか…?

それとも、彼らの仕事は両者の成果を繋ぎ合わせるだけで、英語辞書と国語辞書があれば事足りるんでしょうか!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください