明治の産業革命遺産は本当にユネスコ登録が必要だったのか!?

本当に日本の外交(外交官=高級官僚)はお粗末です(>_<)

韓国の了解を得るために使った言葉(正式には英語)の意味が敷衍されて、
韓国が要求した強制労働を日本が認めた結果となってしまっているようです。

強制労働=Forced laborという表現を避けるために使った言葉が
“forced to work=働かされた”だそうです。

英語の大家が逃げの一手で使用した言葉なんでしょうが、
その”forced”には基本的に「自分の意志ではなく」が含意されますので、
強制労働との意味上の差は“0”でしょうね。

そんな議論が空しくなる程に韓国社会は、
勝利感で盛り上がっているそうです。
まあ、当然でしょうね。

外交官の連中も、
世の中が分かってない、
と言われてしまいそうな体たらくさです。

UNESCO日本のマークそれよりも、慰安婦問題も下火になっていない段階で、似たような理由で抵抗を受ける文化遺産を、現段階でユネスコに登録する必要があったのでしょうか!?

…登録されても個人的には特別に嬉しくもないのですが
…まあ、世界に向けた宣伝にはなるでしょうけど
…でもねぇ~
…韓国が申請した「端午節」を登録させてしまうユネスコですからねぇ~(-_-;)

【ご興味があるかも…】
★ 明治産業革命遺産登録…また日本は妥協!?
★ 日本の外交は相も変わらず稚拙なのか!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください