IP電話乗っ取り被害…NTTに非があらず!?

NTT東西と契約している顧客のIP電話が乗っ取られて、国際電話の高額な請求をNTT東西からされた顧客の方々がおられるようです。

読売オンラインの報道によりますと、NTT東西とも「当社に非があったわけではない…」と主張しているようですが、もし、被害に遭われた顧客が普通の設定をしてIP電話を使用していたのであれば、顧客には責任はないわけです…

クラッキングされたことが不可抗力的な事故だとでもNTT東西は言いたいんでしょうかねぇ~。

NTT東西はIP電話というシステム・サービスを有料で提供しているわけですから、
そのシステムの重大な欠陥によって生じた被害に対して責任を取らなければならない筈です。

そうでなければ、未必の詐欺行為となる可能性があります。

IP電話が他人に勝手に使用される場合があると分かっていて、IP電話の使用契約をする人はいるのでしょうか!?

IP電話乗っ取り被害…NTTに非があらず!?」への2件のフィードバック

  1. 少々、NTT側の身勝手さがある様なぁ気がしますね。
    やはり、有料で提供してる以上、クラッキング対策も講じるべきですよね・・・。

    いいね

  2. lotokunnさん、コメント頂きありがとうございます。
    NTTは今でも役所のような発想をしますから、自分たちは責任を一切とらないという役人の考え方が根底にあるようですね。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください