スーパーマンのような方と付き合うと疲労困憊します

取引相手の会社から出張で来られた方と山東省を回り、上海に戻って接待をし、翌朝に昆山のメーカーを訪問した後に、その方は、そのまま昆山からバスで浦東空港へ移動して日本に帰国されました。

山東省では深夜の工場視察もあり、移動時間も考慮しますと、かなりタイトなスケジュールでした。

その出張者もかなりお疲れの様子でしたが、通訳を兼ねて同行した我社の若い営業員も相当疲れた様子です。

私はと申しますと、
普通なら、厳しい日程でも極度の疲労感に襲われることはないのですが、今回は、流石に昆山で足取りがどうしても鈍くなってしまう程に疲れてしまいした(-_-;)

山東省では2か所のホテルに3泊したのですが、初日から連続3間、ベッドに入ったのが明け方の5時近かったのです(>_<)

つまり、毎日3時間弱程度しか眠れませんでした…

上海での接待も、自宅に帰ったのが午前3時ごろで、昆山に出掛けるために起きたのが7時前ですので、4時間弱の睡眠です。

これでは流石に疲労困憊です…

私は極々普通の庶民ですので、スーパーマンのような方々と比較してはいけません(^^;
…まあ、当の出張者はスーパーマンのような方かもしれませんが…

仕事上で今後の対策を早急に立てなくてはならない状況にあり、その相談をするために夕食後に私の部屋で2人で会議をしていたのですが、対策は簡単にはまとまらず、ブレーンストーミング的な話になってしまい、また、個人的な状況相談のような話も入り込んでしまい、延々と時間が立ってしまうという…
決して珍しくはない流れではあったのですが、相手が悪すぎました(-_-;)

相手は、もう眠くなったので部屋に戻って寝るとは言わないのです…

仕事上で大事な人であり、会う機会も多くはありませんので、まあ、気が晴れるまで付き合うかという気持ちだったのですが、流石に3日目の夜は、私はウツラウツラしていました…

それを分かっていても彼は話し続けるのです…
決して流暢な話方ではなく、むしろ、朴訥で、考えながら話し出すという方なので、その分だけ余計に時間が掛かるのかもしれません。

3日目の夜は、私はギブアップして、もう寝ることにしましょうと言って、彼を部屋のドアまで送りました…

が、彼はドアを背にして立ち止まったまま、話し続けるのです…
オイオイ、ドアを開けて出て行けよ、と心の中では思いつつも、言えません…

なんと!?
そこに立ったまま、30分以上も彼の話を聞くという羽目になってしまったのです
(>_<)

次回からは、決して私の部屋ではなく、彼の部屋で会議をすることしなければならんと、つくづく反省した次第です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。