万年筆「英雄100」…とうとう買ってしまいました

先日、誘惑に勝てずに、とうとう中国製万円筆の名品”英雄100″を買ってしまいました(^^;

文字サイズは”F”で「中細」という表示です。
もっと細い文字サイズがあるということですね。

例のごとく、
ウィキペディアを覗いてみますと、1932年にパーカーの工場を母体に設立された上海英雄金筆廠有限公司が、10年後の1942年に製造したブランドが”英雄100″で
パーカー51というブランドのコピー品だそうです。

英雄100
コピー品なのですが、パーカー工場の製造機械と職人を引き継いだために、オリジナル品同等の高品質だったと評価されているようです。

他のサイトで調べても評価が高いです。

私もアホかと言われそうです…好きな万年筆ではなかったパーカーのコピー品を買ってしまったのですから…

それでも、中国製の名品と言われる万年筆を使ってみたいという衝動を抑えるこができませんでした(^-^;

購入した店は、大きな書店が入っているビルの中にある文房具店です…中国人のスタッフが、この店なら偽物は置いていないだろうと言っていた店です…

まあ、100%信じたわけではないのですが…
疑ったら切りがないですよね^^;

英雄100の本体軸を外してスポイト式のインクホルダーが出ている

表示値段は339元で、支払った金額は298.30元です…高いですよね。

日本のサイトを見てますと、現在の為替でももっと安いようにみえますが…

さて、肝心の書き味は…う~ん、PICASSOの68元でペン先がステンレスの万年筆(“F”)の方がイイかも!?

通りの行商から買った紙質の悪いノートに書いてみると、滑りの程度が判りやすいのです^^;

まあ、名品ですから、使い込んでゆくうちに味が出てくるのでしょう…期待しています。

【ご参考】
★ 普段使う万年筆ー英雄100

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください