拷問用の道具の商売

思いもしなかったことですが、映画やドラマに
出てくるような拷問の道具が、現実の世界でも
コマーシャル・ベースで製造されている
のですよね。

しかも、輸出もされています…想像するだけで
ゾッとしてしまいますが(>_<)

国際人権救援機構=アムネスティ・
インターナショナルがオメガリサーチ
(英国の軍・警察装備関係の調査会社)と
協力し調査した報告書が、昨年2014年9月に
公表されています。
http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/stoptorture_china.pdf

見るからに特別な技術も要求されないような
道具ですから、使用する国が自国で造ればいい
と思うのですが…

輸出する国の精神構造も疑われますよね。

一般的に武器は防御の道具にもなりますが、
拷問用の道具は、正に人間を虐待する目的の物
でしかありません。

それを商売にしたり、使用したりする人々が
精神的に正常でいられること自体が
信じられません。

【ご参考】
★ 中国は拷問等禁止条約の締約国

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください