新たに作り出される富は80対20の法則に従う!?

マーケティングをやっていますと、80対20の法則を目の当たりにする場面が珍しくありません。

80対20の法則は経験則的なものだとは思うのですが…
良くは分かりません(-_-;)

80対20の法則…円グラフ

問題は、
80対20の法則に準じて社会のパイは配分されるのではということです。
尤も、現実は90対10かもしれませんが…

例えば、10兆円の公的資金が、投入経費や経路等はおいときまして、取り敢えず市場に投入されたとします。

この額は、一世帯3人と想定しますと、一世帯当たり25万円に相当します。
与信も考慮に入れますと、50万円以上に相当するかもしれません…

ところが、80対20の法則で考えますと、その巨額のパイもそのようには配分されないのです。

経済活動を通じて結果として配分される額は金持ちの8百万世帯に8兆円、滅び行く中産階級以下の3千2百万世帯に2兆円(一世帯当たり6万2千5百円)となります。

これが格差社会の現実なのです。

世界はもっと凄いことになっているようですが…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。