上海での歓楽(3)

中国人女性の逞しさとでも言えそうなお話ですが、それが何故”歓楽”なのかと言いますと、KTVクラブのホステスのお話だからです…まあ、”歓楽”とはチョット内容が離れますかね…

彼女は、昼間は日本食のレストランで働き、夜は日式KTVクラブで働いておりました…三年以上前のお話です。

人懐っこい顔をしたチョット大柄で気風の良さそうな女性で、30歳代の半場ごろかなあ~と勝手に想像しておりました。

口からニンニクの臭いをさせる、ホステスとしては変わったタイプでしたね。

後は、彼女の友人と彼女から聞いた話です。

彼女は独身でしたが4歳ごろの痩せた男の子がいました。
ふ~ん、子持ちのホステスなんだ…
と言っても、珍しいことではありません…
30歳を過ぎたホステスの中には子持ちの方々が少なくはなさそうです。

思うに、日本とは違って、中国では、おばあさんが孫の面倒を見るという慣習がある(母親は外で働く…その”外”が遠く離れた場所であることも多いです)のですから、独身で外で働いているから子供はいないと思う方がおかしいのです^^;

彼女の出身地は忘れましたが、当時は母親と姉弟の4人とも上海に住んでおりました。
彼女の住居は別でした。

母親と妹と弟の三人は、七宝の方で洋服店(女性用のカジュアル品)を営んでおりました。
儲かっているようには見えませんでしたが、彼らの表情は明るかったですね。

彼女は、仕事場に近い(?)月800元で1部屋に狭いシャワー室と小さな台所とさえも言えなそうな料理場が付いているアパートに息子と二人で住んでいました。

息子は登録しているのかどうか分かりませんでしたが…聞けませんでした…
多分、登録はしてないんだろうなあと思ってました。

彼女の住居と母親が住む七宝とは結構離れた距離です。
それなら、彼女の母親が彼女の息子の面倒を毎日は見れんだろうと思われるでしょうねぇ~…私もそう思いました…

彼女が言うには、友達に預けたり、母親に来てもらったりしているんだそうです。

彼女の短期的な目標は、女性用の装飾品店を持って稼ぐことでした…
店を持つことは実現したようでしたね。
店に行って見たことはありませんが、彼女の友達から聞きました。

その後の店での販売は売れたり売れなかったりで苦労していたようです…店を手放すことを考えるような状況にまで至ったようです。

それから色々と店に並べる商品を考えて苦労しつつも持ち直したと聞きましたが…
それからどうなったかは分かりません。

上海では今でも、そこいらじゅうにちっぽけな店があります…いつの間にか消えたりする店もありますが、新たに出てきます…かと言って、激しく変化しているような様子はありません。

スーパーを始めとする大型店が増えてきている筈ですが、相変わらず昔ながらの生鮮食糧品市場があり、ちっぽけな店は、少なくなってきているという印象はありません。

大型スーパーや家電店が出現して、昔ながらの店がどんどん閉鎖されていった日本と同じ過程を、何れ辿るのか、あるいは、共存の形で小さな店も残ってゆくのか…
中国地方政府の方針次第という点もあり、今のところは分かりません。

ただ、小さな店で売られている商品の値段が大型店と比べて高いということがないのです…
むしろ、大型店の方が高いという傾向があります。

さて、彼女の話に戻りますが、彼女の息子は日本人とのハーフなのです…
彼女が以前付き合っていた日本人との間にできた子供なのです。

彼女曰く、その日本人の男に愛想が尽きて別れたのですが、別れてから妊娠に気付いたんだそうです。

当然、その男に自分が妊娠したことを伝えたんだろう…そして、その男に堕胎しろと言われたが、しなかったというストーリーを男なら普通は考えますが…
そうではなかったのです。

彼女は自分の妊娠をその男に伝えなかったのです…何故かって…彼女は、伝えたところでどうなるわけでもなかったと言うのです。

マザコンのような男で、優柔不断な、自分では何も決断できないような男だったと彼女は言います。

彼は独身で、結婚しようと話し合った際に、結局は、男はお母さんが反対するから出来ないと諦めたそうです。

単なる口実だろう…その男は元々結婚なんかしたくなかったんだろうと思いがちですが、必ずしもそう言い切れない現象もあります。

私が以前に使っていたKTVクラブの私も良く知っているホステスが、若い日本人と付き合って(?)妊娠してしまい(意図的?)、その若い男に結婚を迫って、ついには結婚をしてしまったという話を聞きました…
その話を聞き、う~ん、彼女ならやりかねんと思ってしまいました^^;

ところで、
堕胎は中国ではごく普通のことです…
費用も2,000元程度と聞いています。

【ご興味がありかも…】
★ 上海での歓楽

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。