中国ー欧州間鉄道

11月18日に中国浙江省金華市義烏(Yiwu)からモスクワ経由でスペインのマドリッドに向けて貨物列車が出発しました。

1万キロ以上の長旅をして、21日後にマドリッドに到着する予定のようです。

これが、ソ連時代に敷設されたシベリア鉄道を超えて、世界で一番長い貨物列車の路線になります。
現代に復活するシルクロードとも言えそうです。

世界で一番長い貨物列車の路線地図

中国の広大な構想が実現してゆく偉業の一つでしょうね。

Yiwuは日用品の卸売市場として世界的に有名な都市です。

欧州との取引がサービス面とコスト面からどの程度改善されるのかは分かりませんが、中間に位置する地域・都市が取引上で恩恵を受ける可能性も考えられます。

中国欧州間鉄道の開通式

まあ、貨物がソ連領内に入ると出てくるまで貨物がどこにあるかトレースできないという、かつてシベリア鉄道で言われたことにはならないでしょうね…多分…

中国の経済上の開拓も政治的な色彩(意図)が強い場合が多いですから、中国の覇権主義が着々と実を結んでゆくという印象が拭えない部分もあります…

ただ、日本人がイメージし続けている、いわゆる、昔の中国では全くないという意識を持つことが必要と思われます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。