中国工商銀行は役所のように横柄

会社の女子社員が主要支店の一つに行ってきました。
昼の12時半ごろから二階の窓口で順番を待っていて、漸く自分の順番が来て窓口で依頼をしたところ;

  • それは一階の窓口で書類をもらってこなければダメだと言われ
  • 一階の窓口で再度順番待ちをして
  • 順番が来たので窓口で二階で書類をもらってくるように言われましたと伝えたら、
  • それは二階でやることなので二階の窓口に行け

と言われたそうです。

銀行での受付は通常は番号札を事前に取って待つわけですが、待ち人が多い場合が殆どですので、1時間以上も待たされるが普通です。

当日は特に待ち人が多かったそうで、また二階の窓口で順番待ちをするのには時間が掛かりすぎるため、会社での仕事もあるので諦めて帰ってきたそうです。
帰社は午後4時半ごろでした。

会社設立時にコンサルタント会社から、工商銀行は、横柄で手続きに時間も掛かるから、やめておいた方が良いと言われました。

しかし、会社設立関連の申請時に、他の銀行は1か月以上も受理を待たされる状況で、工商銀行は1週間以内に申請受理が可能でしたので、待ちきれずに工商銀行にしてしまったという経緯があります。

工商銀行は一番大きな銀行ですが、日本円を人民元に交換する手続きさえも、例えば、建設銀行よりも時間が掛かります(-_-;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。