高血圧

血圧測定のイラスト

一昨年の夏に上海で行った健康診断で高血圧と判断されてから、時々は自分で血圧を測っています。

当時診断された時は、上が190もあり、医者がビックリして何回か測り直しました(^_^;)

昨年は日本の病院で最も軽い血圧降下剤を3ヶ月分処方してもらっていましたが、それ
では足りなので半年間下さいとお願いしたら規則で出来ないと言われました。

医者は、上海にも日本の保険が使える病院がある筈なので、そちらで薬を処方してもらいなさいと言います。

日本から持ってきた薬が無くなってから、サプリメントのレシチンと魚油を飲んでました…
経過は、150以上になる日も多々あったように思います…
生活態度で大きく変化します…

良く言われるように塩分の取り過ぎはテキメンですが、中国では、自炊で弁当でも持参しないことには、塩分を適度にということには無理がありそうです(-_-;)

その後、中國人の家庭では高血圧の方々がいるのが一般的と言えるようで、頂いた漢方薬を煎じて毎日飲んでいます。

それで効いているかといいますと、2ヶ月程度飲んでみて、確かに効いているようには感じます。

但し、塩分を摂り過ぎたり、生活態度が悪化しますと、テキメンに血圧は上がります…

余談になりますが、中国にも、当然、薬局はあります…
見つけるのに苦労はしません。

ただ、客の相談に全く乗らないだけではなく特定の薬を置いてあるコーナーすら教えてくれない薬局もあります…

市販薬を置いているにも拘わらずです…
勝手に探して欲しい薬を見つけなさいという感じです…
一緒に行ってくれた中国人もさすがに驚いていました(-_-;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。