新聞業界ー販売競争激化!?

読売新聞の景品付き売り込みの激しさは昔からですが、その成果は全国紙トップの実績として表れています。

しかし、値引きの話は一切ありませんでした。

ところが最近、月々の購読料を500円引くという売り込みが出現しました。

発行部数は広告主を有利に獲得するための指標になりますが、新聞の購買者数が減ってきている状況下で、各新聞社は発行部数の維持対策に頭を痛めているようです。

発行部数維持のために、
出荷された大量の新聞が販売店段階で廃棄されているという報道もあります。

確かに、ニュースは、新聞を購読せずに、TVとネットですましてしまうという人たちが増えたようです。
海外では、廃刊になってしまった有名どころもあります。

そういうわけで営業活動に秀でている読売新聞が500円引きを打ち出したということは、日本の新聞業界も本格的な生き残り作戦の段階に入ったということなのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください