サービスが意味をなさない中国

中国国際航空に成田から初めて乗りました。

機内に導く通路を通って行くと、ふた手に別れるが指示の立て札が一切ないので、前を歩いている全員が同じ方向に行く。

自分も同調してしまいました(笑)

機内の入り口で最初に感じたことは、笑顔のない硬い雰囲気です。
いらっしゃいませ、という雰囲気がありません。

キャビン・アテンダントたちの表情は硬く、笑顔を期待されることを拒み続けているかのようです。
恰も戦士ででもあるような、挑戦的な目さえも意識してまいそうです。

自分の座席まで行き、徐にコートを脱ぎ、頭上のコンパートメント(棚)を開けようとすると、キャビン・アテンダントが無表情に開けてくれました…
ありがとうと言って、自分より背の高い彼女を見上げました。

土産物とコートを上に押し込み、ジャケットをどうしようかなと思っている間も、彼女は「お預かり致しましょうか?」とは言ってくれません。
多少背中の部分が皺になっても、まあ、いいかっ、と決心して脱がずに席に着きました。

座席は、くたびれた中古品をそのまま据え付けたような代物で、テーブルは歪み、TVセットを納めている場所の蓋は半開きのまま閉まりません。
シートは、あくまでも汚れが目立たない灰色系の色調です。

これが、GDP世界第二位となった中国の航空会社なのか…
と思ってしまいました。

出発まで30分ほど時間があります。
どうせ遅れるだろうと思いながら、無造作にシートボックスに入っている雑誌を見始めましたが…
おしぼりも飲み物も又新聞・雑誌などもサービスされそうにありません。

空席が結構あったので、満席でキャビン・アテンダントが忙しいという感じもしません。

でも、何にも言ってきません。
ふ~んと思いながら雑誌に目を通しているうちに時間が過ぎてゆき、出発予定時刻よりも40分程度過ぎたころで、漸く飛行機が滑走路へと動き始めました。

つまり、一時間以上も何のサービスもなく座り続けていたことになります。
国際線でこんなことは初めての経験です。

どーせ運賃は安いだろう~っておっしゃるんですか!?
とんでもない!
他の航空会社と比べても遜色ありません。
しかも、たまたま乗ったビジネス・クラスですよ!

ほんと、笑顔を振りまいていたのは、日本人のキャビン・アテンダントさんだけでした。

上海浦東国際空港に着いて、
今月6日(?)に開通したという地下鉄2号線に乗ってホテルまで行く予定でしたが、なんと!?地下鉄の入口のシャッターが閉まっているではありませんか。

近くにいた警備員の方に尋ねましたら、とにかく地下鉄はない(?)ということしか分からず、勧められるままにMeglev(リニアモーターカー)に乗って行きました。

次の駅までの最高速は時速315キロ程度です。
安定しているせいか、外の景色を見ていても、それ程速いとは感じません。

ついでに、中国人のブログを読んでいても出てくる状況ですが、地下鉄の大きな駅で降りる時は大変な圧迫感を感じさせられます。

人民広場駅で降りようとしてドアの外を見ると、なんと!?ドアの前には乗ってくる人が群れをなしているではありませんか!?

ドアが開いた瞬間にドドッと人の群れが入ってきます。
おい!乗客が降りてから乗ってくるんじゃないのか!
と思ってみたところで始まりません。

突き飛ばされるかとヒヤヒヤしましたが、こちらも強引に突き進んで何とか降りられました。

中国は米国以上に実利主義的ですね。どこへ行くんでしょうかね…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。