国語辞書サイト

十年以上前に比べますと、辞書サイトの充実度には目を見張るものがあります。
色々な専門辞書も利用できるようになってます。

その中でも、アルクの「英辞郎」は驚くほど優れものになっています。

英辞郎on Web

専門的な英文を読んだり書いたりする上で必要欠くべからざるものになっていると言っても過言ではないほどです。
英和・和英の両方が打ち込む文字を変えるだけで済みます。

新聞記事だけではなく専門書に出てくる例文や語句のデータが豊富ですから、単語だけではなく、文字列をそのまま打ち込んで検索しても、目的の語句や例文が出てくる確率が高いですね。

特に、新語(言葉の解釈が主)が多く出る安全・環境に関する文献や規制等の和訳や英訳には大変重宝します。

最新のデータが入力されているようですから、専門家たちが新しい解釈をどのような言葉に訳しているかが分かります。
出版されている辞書では知りえない部分です。

さて、表題の我が日本語の辞書サイトは?と申しますと、向上はしているとはいえ、語句や例文のデータ不足は否めないようです。

英語辞書サイトと比較してしまいますと、そのような需要がないのか、あるいは、やる気がないのか、まるで旧態依然とした学者たちの四角四面の世界から抜け出せていないようです……

何歳になっても、少しでもまともな日本語を書きたいと思っている人々は少なくない筈ですから、勝手な要望としては、何とかして欲しいという気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。