ハイブリッド・スポーツカーCR-Z …買う気になりますか?

ホンダが世界初と謳って売り出したCR-Z。
スペックを見ただけでは、何故こんな車をスポーツカーとして位置づけるのか……
多分、ハイブリッドカーの中のスポーツカーという意味なんでしょうね(^_^)

外観は、全体的にホンダのハイブリッドカーと似ていて、ホイールとタイヤが派手で大きいだけの違いのようです。

これならスポーツカーでもないBMWのMINI COOPERの方がイイと思う方も多いことでしょう。

スペックを比較しますと;

       CR-Z      MIN(6速MT)

車両重量:  1130Kg     1130Kg

排気量:   1496CC     1598CC

最高出力:  114ps/6000rpm 120ps/6000rpm

最大トルク: 145Nm/4800rpm 160Nm/4250rpm

10.15モード: 22.5Km/l    16.8Km/l

価 格:   約250万円    約260万円

燃費と価格以外は、すべてMINIの方が上回っています。

価格はMINIが10万円強高いです。

燃費を単純比較しますと、
年間5000Km走行で約9800円(130円/リッター)MINIの方が掛かります。
5年乗ると49000円の差になりますね。

ただ、スポーツカーというCR-ZとスポーツカーではないMINIを、このような比較をしても意味ないような気もします(^_^)

MINIはゴーカートのような走りをすると言われますが、かなりの低重心ですので、曲がりくねった道をキビキビと、あるいは、強引に走れます。

MINIは0→100mが9.1秒という加速力も謳い文句にしていますので、この手の車では不満のない加速力です。

本家のMINI(MINI Rover)はゴーカートのようなではなく、ゴーカートに筐体を被せたような車ですが、BMW二代目MINIは乗り心地を大幅に改良しており、Golfよりも良いほどです…但し、”S”は除きます。

後部座席の造りは公園のベンチシートみたいなGolfよりは良いですが、足下のスペースに殆ど余裕がありません…長距離は無理です。

高速走行では、140Km/hで普通に会話できますから、騒音上の問題はなさそうです。

ハンドルの遊びが少ない(殆ど無い)点が気になる程度で、高速走行安定性は良いですね。

MINIの両サイドのドアとハッチバック・ドアは、安全面を考慮しているせいか、分厚くてかなり重いです。
女性の方(日本の)には開け閉めでちょっとキツイかな…

まあ、色んな点で不便この上ない車ではあります(^_^)
…完全な趣味車ですから、色々と弄りますとお金も結構掛かります。

さて、肝心のCR-Zですが、
評論家諸氏が実際に体感できる走行性能をどの程度評価してくれるか、そして、試乗でどれだけの付加価値をアピールできるか、にお客の獲得の成否が掛かっていそうですね。

時代の流れからして、話題性だけで売れるかもしてませんがね(^_^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。