Windows 7を買いますか?

Windows7はVista発表当時の何倍も売れているそうですが、発売以前から評判が芳しくなかったVistaと比較しても…と思います。

むしろ、WindowsVistaとWindows7の関係はWindowsMEとWindowsXPの関係に似ていますので、マイクロソフトは戦略的にVistaをWindows7の前に上市したと勘繰りたくなリませんか?

Windows2000から”XP”に換えても劇的な感動めいたものはありませんでしたが、MEからXPにバージョン・アップなさった方は大感激だった筈です(笑)

今回も、”XP”から“7”では”それなりに”であり、”Vista”から“7”では感激するかもしれません。

PC自体を趣味的に弄っていおられる方は別でしょうが、仕事や趣味(ゲームも含め)などにPCを使っておられる方々にとっては”XP”で特別不満はない筈です。
不満があるとすれば、アプリやハードの方でしょう。

“XP”の次に“7”を出していたら、”XP”を捨てて“7”を買うぞという人たちは少なかった筈です。
これではマイクロソフトも困ります。

そこで、困ったチャンのOS(Vista)を”XP”と“7”の間に挟んでやるのです。
それによって“7”の価値はそれだけ際立ち、”Vista”からの買換えが期待できるわけです(笑)

“XP”を使い続けてきている連中も、PC寿命と共に“7”に換わってゆきます。

一つのマーケティング戦略とも言えそうです。

OSに期待する改善項目は多々あるのでしょうが、まず第一にやって欲しいことは、
Windows起動時間の劇的な短縮です。

10秒程度に短縮されたWindowsでしたら是非買いたいですねぇ~。
一日中立ち上げっ放しの方でも、最初の立ち上げにイライラしているのではないでしょうか。

色々な点で、常時立ち上げて置くことが嫌いな私にとってはWindows起動時間の短縮は最高の改善です(笑)

企業でも、
昼食時等の休憩時間にPCの電源が落とされるとしたら節電にもなります。
節電も台数を考えますとバカにならんでしょうね。

ところで、“7”の後継OSはないかもしれませんね!?

マイクロソフトは、ハード業界に貢献できるように、あるいは、ハード業界の性能向上を当てにしてOSを展開してきたようです。
つまり、贅肉で膨れ上がった重たいOSにしてきたのです。

より性能が高くなった…

  • マザーボード、
  • CPU、
  • ビデオカード、
  • メモリ、
  • ハードディスク(高容量)
  • そしてモニターなどが

重くなったWindowsを支えてきました。

勿論、PC性能は全体として素晴らしく向上してきました。

しかし、ハード性能向上の大きな部分がOSの肥大化によって相殺されてきたことも否定できないようです。

発想を転換した軽い新OSが開発されても良さそうな段階に入っているんではないでしょうか。
尤も、我々にとっては漢字語圏用の本格的なOS開発が一番イイのですが…

今のPCの主流は
ノートブックからハード的に低性能のネットブック(安い)に移る傾向にあるようです。

景気の影響もありますが、より身近に置いて気軽に使用できるというイメージが重要になってきています。

この傾向を”CLOUD”が促進させそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。