乗ってみたい車-所有してです(笑)

駐車場で私の左斜め前の場所を借りている方は、常々、私と車の好みが似ているなあ~と思っています。

大学病院の医者とのことですが、定期的に車雑誌を読んでいる車好きに違いありません。

所有車は、レガシィ・ワゴンから始まって、B4RS、RX-8、そしてインプレッサSTIです。
全てマニュアル車との事で、奥さんもマニュアル車の運転が好きだと言ってました。

私自身は試乗でRX-8にチョット乗ったことがありますが、他車は雑誌で知るだけです。

レガシィ・ワゴンは、
ステーションワゴン特有の欠点を改善した車ということで、昔から定評のある車ですが、単に妻のワゴン車嫌いのために購入検討対象になりませんでした(笑)

ポルシェと同じボクサーと言われるスバルの水平対向エンジンは、V型エンジンよりも低重心で、コーナリングを含めた走行安定性と衝突時の安全性に寄与します。
まあ、一世を風靡した車で…今でも安全性を含めて評価が高い車です。

富士重工の特徴の一つに、不具合が出た度にマイナーチェン時期を待つことなしに、毎年改良を加えてゆくということがあります。

それは、スバル車の品質に対する安心感を助長します。
歴史のあるレガシィの熟成度は相当なものでしょう。

ただ、意地悪な見方をしますと、かつてのホンダがそうであったように、新車の成熟度が低い段階で市場に出し、ユーザーからのクレームを集めてコマ目に改善を行っているのではと勘繰る方もいるかもしれませんね…

でもまあ、近年では安全性に関するリスクが大き過ぎますから、そんなことは遣っていないと思います。

実は、姉がレオーネ4WDターボとインプレッサ4WDを乗り継いできましたので、スバル車には馴染みがあります。
ちょっとハンドルが重い程度で、走行安定性が高いイイ車です。

中古車屋で聞いた話ですが、スバル車にはエンジンブロックからオイルが漏れるという共通した欠点はあるそうです。
売る前に修理するしかないと言っていました。

その後に、スバルのデーラーでその話をしましたら、今ではそんな問題はない筈だと営業マンが言ってました。

そういえば、
姉の車でオイル漏れの問題が発生したという話は聞いたことがありません。

B4RS

B4RSはレガシィのセダン・バージョンです。
コスト・パフォーマンスが最も高いと言われた車です。

興味の対象にはなったのですが、デーラーに行ってはみたものの、試乗という段階には至りませんでした。

妻がデザインとターボ車であることでダメだししたのです。デザインには私自身もそそられませんでした(笑)

今のデザインはかなり良くなっているように思います。
パーキング・エリアで見てますと、白が結構引き立ってます…
勿論、個人の好みによりますが。

RX-8は、世界で唯一のロータリー・エンジンです。

ロータリー・エンジンを発明したのはドイツとのことですが、コマーシャル化したのは日本のマツダなんですね。

学生時代に、UFO円盤を長くしたような”コスモ”に乗っていた友人がいて、チョットだけ助手席に乗せてもらったことがあります…
デザインの奇抜さに目を奪われて、走行に関する印象は全く残っておりません。

ロータリーエンジンRX-8

当時は、2万キロも走ったらオーバーホールしてシリンダーをボーリングする必要があるとか言われていました。
まあ、シリンダーのボーリング自体が珍しくなかった時代ではありますが…

マツダのロータリー・エンジンの車に乗っていた人たちの話を聞きますと、電気モーターのような感じでスムーズに何処までも回ってゆく(回転数が上がる)エンジンだそうです。

マニュアル車は、簡単にレッドゾーンを越えて回ってゆくので注意が必要と整備士が言ってました…ホンダが好むタイプのエンジンですよね(笑)

動力性能上の欠点は、低速トルクの細さだと言われますが…
RX-8(AT)に四人乗車でグイッと出ましたので、気になりませんでした。
ATとのマッチングがイイのかもしれませんね。

前出の医者の奥さんは、高速道路での走行は大変安定していて気持ちいいと言ってました。
一度は乗ってみたいと思わせる車です。

問題は、燃費です。
RX-8(AT)でリッター8km程度のようですから、3000CCのレシプロエンジンより悪いですよね。

ハイブリッド・システムとの相性は良さそうな気もしますので、ハイブリッドとして生き残るかもしれませんね。

でも、燃費を意識してロータリー・エンジンに乗っても詰まらなそうな気もします。
また、そのような人々は端からロータリー・エンジンを選ばないかもしれません。

マツダは技術的な実績もあるのですから、いっそのこと1000万円以上もする高級スポーツ車として開発した方が市場が開けるかもしれません。

GT-Rがアラブの金持ち連中に何百台も売れているそうですから、可能性がありそうですよね(笑)

RX-8が検討対象にならなかったのは、タイミングの問題です。
車の買い替え時期は、まだ、ピーキーと言われたRX-7だったのです。

従って、試乗した時は、自分ではなく娘の購買検討対象だったのです。

家族向けに振っただけあって、RX-8の居住性は見た目と違い大変イイです。

後部座席のスペースは充分ですが、多少の閉塞感はあります。

ただ、運転席からの後部視界が悪くて、車庫入しづらいということで、娘は最終的にドロップしました。

前出の医者が現在乗っているのがインプレッサSTIです。
ハッチバックで魅惑的(?)なスタイルをしています。

娘の検討対象で、インプレッサGTを試乗した時に横幅がちょっと窮屈という印象を持ちましたが、STIは幅広になってますから問題ないはずです。

妻も印象は良さそうです…
嫌いだったハッチバックもターボも今ではオーケーです。

でも、検討対象にはなりません。
マニュアル車だけしかないのですから。
ランエボのような2ペダル・タイプもないのです。

妻もマニュアルは運転できるのですが、今更という感じですね。
渋滞時の煩わしさを思い出すとゾッとします。

三菱のランエボは、性能的にはSTIを上回っているようですが、色々の角度からそそられません…デザインも未だに玩具っぽいですしね(笑)

WRX STI

昔から三菱のエンジンは良かったっですよね。
4気筒でもサイレント・シャフトの効果の所為か、静かでスムーズでした。

でも、ギャランを見に行った時、デーラーの営業マンの態度は、三菱らしく横柄で、試乗する気も失せましたね(笑)
とは言っても、当時強気だったホンダデーラーの営業マンもイイ線いってましたけど…

(余談ですが、同じデーラーの支店間でも結構違いがあります。車購入交渉の時に、近所のデーラーだけではなく、多少離れていても、別の支店に行って見るのも一つの手です。雰囲気の悪いところは、場所的に便利でも購入は止めておいた方が無難です)

確かに、ATのキックダウン変速はとろ過ぎて興醒めですよね(笑)
でも、今のATはマニュアル的な手動変速も出来ますので、追い越し加速や山道でもキックダウンすることなくキビキビ走れます。

ボクサーエンジンは低速トルク不足がと言われがちですが、ATで乗るなら気にならない筈です。
一般論としては、水平対向型エンジンのためにストロークの長さに限界があるということなのかもしれません。

そういうことで、STIに関しては、左前に止まっている車を眺めているだけでしたが、今年STIのATバージョンが出たのです…
STI A-lineというグレードです。

STI A-line

富士重工の手持ちATはチャチで、5速で耐用トルクも低めということですから、マニュアルSTIとは別物と言えそうです。

エンジンは2000CCではなく、2500CCです。
ターボもツインではなくシングルです。

エンジン性格もトルクはSTIの43から35.7kgmに抑えられ、2800-6000rpmというフラットトルクですので、低回転から300ps/6200rpmに向けて劇的に動力が上がってゆくというスポーツタイプのエンジンではなさそうです。

フラットトルクですのでATと相性はイイでしょうし、高速での運転はし易い筈です。

しかし、STIよりトルクが2割近くも下げられていますので、シートに押し付けられるような加速感には乏しいかもしれませんね(笑)

A-lineの足回りはSTIをコストダウンしたものですが、動力性能もかなり落ちますので、問題ないでしょう。

意外にイイと思ったのは、その居住性です。
スペースに余裕があり、後部座席で足元が窮屈ということもありません(笑)
要するに、チョット高性能なファミリーユースという感じの車ですね。

加速感に関しては、
インプレッサGTよりもRX-8の方が明らかにありました。
アクセルを踏んだ時のエンジンの伸びに、ロータリー特有の良さがあるようです。

次に乗る車としてはA-Lineに魅力を感じるのですが、一年半以上先ですので、燃費のプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

とは言っても、プリウスやインサイトはご勘弁下さいという範疇で、妻も気に入っていませんので、その選択は考えなくとも良さそうです(笑)

最近報道されましたが、
国連のIEAの原油価格予測では、現在1バレル80ドルから2020年には約130ドルへ、そして2030年には約190ドルに上昇してゆくそうです。

予想ですから不確定要素もあるでしょうが、何れにせよ、今までの円=ドル為替レートの過去の動向と同様に、紆余曲折があっても、2030年に過去の高値と安値をそれぞれ直線で結ぶと、大きな流れは上昇し続けてきたという結果になりそうです。

それが現実になるとすれば、
庶民にとってガソリン・エンジン車の使用は非現実的なことになるでしょう。

今の物価で、ガソリンだけが値上がりするなんていう幻想は抱かないで下さいね(笑)

エッ、給料も全般的に上がるだろう~って仰るんですか!?
確かに上がるでしょうね…少なくとも名目上は。
でも、購買力がどの程度上がるか…このままでは個人差が大きくなりそうです。

勿論、それまでにエネルギー革命が起こるか否かは分かりませんが、少なくとも代替エネルギー(ハイブリッドなどではなく)が本格的に流通していても不思議ではありません。

まあ、そんなことをあれこれ考えますと、私にとって、次回がガソリン・エンジン車の最後の選択になるかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。