守旧派の週刊誌 -文春・新潮・ポスト

相も変わらず「週間文春」は、非建設的でタブロイド的な政治関連記事だけを掲載している。

小学館が発行している「週間ポスト」も似たようなものだ。

自民党が再度政権を奪取するまで続けるつもりなのだろうか(笑)

まあ、新潮は、元々、政治関連は大上段に構えないので、良しとしましょう。

政治がそのダイナミズムを感じさせ始めたのですから週刊誌も、せめて、”変化”を感じさせて欲しいものです。

一番簡単な方法は、編集者の更迭であり、寄稿者の入れ替えでしょう。
例えば、いつまで自民党や官僚の御用学者や評論家を使うんだい、ということですね(笑)

兎に角、小沢タタキをやっておけば売れるという、旧態依然とした後ろ向きの編集方針をお止めになっては如何でしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください