グーグル中国法人社長年収10億円!?

グーグル中国法人の前社長である
リー・カイフー氏(李開復)の解任理由が
取りざたされています…何故?という話題です。

グーグルの検索エンジンは、
最も強力なものという印象があり、
その通りに世界を席巻しています。

HPを持っておられる方は特に分かるのでは
と思いますが、兎に角、凄い!ということが
実感でき、2番手・3番手がいないという感じです。

そのグーグルが中国でも、苦戦しながらも
徐々にシェアを伸ばしてきていました。

中国では、「バイドゥ(百度)」という
検索サイトが圧倒的シェアを享受してきま
したが、グーグルに追い上げられつつある
状況を目の当たりにした政府当局が
手を打ってきたようです。

グーグルはわいせつ画像などの検索を助長
しているなどの理由をつけて、
中国当局がグーグルを非難し続けたわけです。

その結果、中国当局の意図は達成され、今年
ゴーグルはシェアを結構落としたようです。

しかし、シェア拡大の基盤が脆弱になった
わけでもないので、前社長の解任は、
そのこと自体が理由にはなってないのでは
という見方があります。

中国人の社長を解任することによる
中国当局に対する無言の抗議では
という穿った見方もあります。

ただ、面白い印象を持ちましたのは、
前社長の年額10億円という給与です。

米国内企業をみますと、特別な感じもしない
のですが、中国法人ということで奇異に
感じてしまいました。

中国はそれだけの価値がある市場という
ことなんでしょうが、経済格差ということ
自体がバカバカしくなる程の地域格差を
見せ付ける近代国家とは言えない中国の
一面を再認識させられた思いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。