今のトヨタの限界!?

田舎から帰った翌日の休みです。
高速道路を利用し片道6~7時間コースが、
今回は11時間掛ってしまいました。

ノロノロ動いて止まり、
またノロノロ走ってダラダラしながら止まる
という繰り返しが延々と続きました。
一般道を走って掛る時間ですね(笑)

ウンザリするという感覚を嫌というほど
味わいます。

ただ、燃費は、9年物の3リッター車で
エアコンを付けっ放しで10km/リッターを
超えましたから、一般道を走るよりは
良かったですよ(笑) 

今でも、男性だけではなく女性でも
マニュアル車が好きという方々がおります。
面白い、エキサイティングだ
ということのようです。

スポーツ車の中にはマニュアル車だけ
というのが一般的でしたから、
スポーツ車を選択する方々にとっては
当然のことだったのでしょう。

それは好みの問題ですからイイのですが、
昨日のような経験をしますと、
とてもじゃないがマニュアル車はねぇ~…
エキサイティングどころか、ウンザリする
ことで腕と足が極度に疲労してしまいます。

ところで、最近では2ペダルのスポーツ車が
一般化しそうです。
以前からF1用の車がそうですし、
今ではGTRやランエボもそうです。

ただ、2ペッダルと言っても、
いわゆる、オートマ(AT)ではありません。
クラッチの切断と接続を自動化しているだけ
ですから、ミッションは基本的にマニュアル車
と変わりません。

つまり、オートマのような自動変速は
行われないということです。
クラッチの接続と切断を、足を使ってやる
よりは、機械式で自動化する方が速くできる
ということですね。

マニュアル車が面白いという方々には、
この自動化さえも不満かもしれませんね(笑)

今のトヨタの限界!?

スバルのインプレッサSTIにも2ペダルの
バージョンが今年追加されました。

気になる一台ですが、
こちらは普通のオートマです。

しかも、主流になりつつある6速ではなく、
5速ATです。

スバルもトヨタ・グループに入りましたので、
1~2年たったら
6速ATになるかもしれませんね。

待つだけの価値があるかどうか分かりませんが
トヨタ化されてスバルの良さが失われるのでは
と危惧なさる方々もおりますので…

いっそのこと、6速ATなどではなく、
CVT化によって燃費が大幅に向上されたら
面白いでしょうね。

まだ分かりませんが、
トヨタがスバルをどのように位置づけるかに、
野次馬的な興味が大いにあります。
VWの戦略のように、
スバルをトヨタ色とは別の独自のブランド
として展開させることができるか否かです。

しかし、既に、トヨタはスバルと共同で
スポーツ車の開発をすると発表している
ようです。

どうしても、資金・リソースだけではなく
顔も出したいという時代錯誤的な
ビジネス戦略が今のトヨタの限界なのかも
しれません。

【ご参考】
★ 今のトヨタの限界!? (2)
★ Toyota 86 で見るトヨタの限界

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください