韓国ドラマ ー 「千年の愛」

韓国の、今となっては古いドラマです。
何故観たのかと言いますと、ヒロインソン・ユリのファンだからです。

新羅に滅ばされた百済の最後の姫、その重臣、そして新羅の闘将という三角関係(?)にヤクザの親分がチョッカイをだすという流れのストーリーですが、やはり、観客を惹き付けるオカルト的な時代背景をもってきています。

ところで、韓国の歴史物には、オカルト的なものにならざるをえない背景もありそうですよね…そのこともあって、韓国の歴史ドラマや映画はあまり観ません。

観もせずに、アーでもないコーでもないとウダラウダラと話すのはイヤですので、此処までにします。

さて、姫は窮地に追い込まれて身を投げるのですが、そのまま現代へとタイムスリップしてしまうわけです。

百済最後の場で、姫と落ち延びる過程で愛を交わした重臣は、新羅の闘将に殺されてしまったのですが、現代にタイムスリップした姫は、その愛する重臣と瓜二つの男と出うのです。

その後、間もなく、新羅の闘将とも、これも瓜二つの男と出会います。

瓜二つと言っても、
同じ男優達が演じているわけですから、同じ男達なんですがね(^_^)

日本の歴史上有名な藤原家には、朝鮮人の血が入っていたという設定です。
(韓国では、李氏朝鮮時代の所為で、朝鮮という言葉を嫌うようですが、当時は韓国なんて無かったわけですからね)

もっと言えば、天皇家にも朝鮮人の血が入っていたというニュアンスが露骨に現れます。

その藤原家の跡取り候補である息子が、新羅の闘将のそっくりさんというわけです。

そう言う設定ですから、日本語での会話が良く出て、その部分の字幕がハングルになるわけです。

ところがです、
その韓国人俳優達が話している日本語が、聞き取れないケースが少なくないんです。

韓国向けドラマですから、ハングルでないことさえ分かれば、韓国人の視聴者達は字幕で事足りるわけですから、問題有りませんよね。

ところが、視聴者が日本人の場合は、話が違ってきます…
何故って、字幕がハングルで、登場人物がしゃべっている日本語が聞き取れないとくるわけですから、その場面の会話は、想像の域を出ないのです。

頼むから、日本語の場面も日本語の字幕にしてよォー
と叫んじゃうわけですよ(^-^;

日本人役の韓国人俳優が日本語を話す場面がある韓国ドラマは、少なくないようですが、総じて、エッ、何言ってるか分かんないよ~
という場面が殆どのように思います。

今でも韓国で流暢に日本語を話す韓国人を見かけることがありますが、何故、ドラマでは???なんでしょうか。

思うに、
ワザとじゃないかと思われる節もあります。
韓国では、
日本語が流暢=親日派=排斥されるべき人という公式があるようですので、公共の電波を使うドラマとしては、その公式を成立させるわけにはイカンのでしょう。

ソンユリ

ただ、ソン・ユリは可愛いですよ!
美人という範疇から、ややもすれば、漏れるのかもしれませんが、色白で、ふくよかで、スタイルが良くて、目鼻立ちがハッキリしていて、とても雰囲気が良いのです…

美人が多い韓国女優の中でも、チョット異質なタイプかもしれません。
シリアスなドラマには、多分、向かないような気もします。

チオクの剣のハジ・ウォンも好きですが、彼女は韓国固有の美女ですよね。

あと、韓国っポクないイ・ボヨンも好きです。
清楚で知的な感じの美女です。

ただ、彼女が韓国ドラマ特有の激しさを出す演技では、彼女の魅力が失われていますね。
彼女は、日本のドラマの方が合いそうです。

それ以外にも、美人で面白い女優さんが、韓国ドラマには沢山います。

ただ、ストーリーが物凄~く、パターン化してしまっているので、おばさん方みたいに、出演者が好きだから観るという感じですよね…結局は…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。